CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

AutoCAD

スプライン

投稿日:

AutoCADのスプラインについて新発見があった。

ながいことスプラインはポリラインに分解できないものだと思ってた。

AutoCADで分解しようとすると、「SPLINEを分解できません」

って出るし、それっぽいAPIもなかったから。

唯一知っていたのは、下位バージョン(R12以下)で保存すること。

SPLINEというエンティティは、R13からできたものだからね。

だけど、そんなことしたら、図面中の全部の図形が影響してまう。

寸法はおかしくなるだろうし、引き出し線も分解されるだろうな。

スプラインに関して別件で調査していたら、ふと見つけた。

キーワードは、explodeGeometry。

ほかのエンティティを分解する場合は、ただのexplodeでいいから見落としてたよ。

DWGdirectのAPIだから、ほとんどの人には関係ないけどさ。

これによって、2Dポリラインに分解できちゃった。

AutoCADにできないことをまた一つ発見した。

AutoCAD分解ツール「Exploder」のネタになりそうだ。

で、本題であるほうの調査に関しては実を結ばなかった。やれやれ。

AutoCADのスプラインについて調べてみた。

「NURBS(nonuniform rational B-spline)曲線というスプラインが作成されます。

NURBS 曲線により、制御点の間に滑らかな曲線が作成されます。」

(AutoCADヘルプから転載)

曲線の世界は奥が深いらしい。

クロソイド、インボリュート、ベジェ...。

以前、イラレから書き出したDWGについて調べたことがある。

スプラインが大量にあって、ある特徴があった。

調査の結果、ベジェ曲線だったね。

NURBS曲線という大きなくくりの中に、ベジェ曲線というタイプが含まれる。

関係者の協力のもと、そのスプラインの形状を完全に再現できるように

データ変換ができるようになったよ。

こんなことしてたら、週末はあっという間に過ぎてしまいましたとさ。

最後に、マンションの玄関に置いてある花を載せておこう。

花はいいね。

-AutoCAD
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

循環参照

AutoCAD外部参照の話。 AとB、2つの図面があったとする。 Aを配置しているBを、Aに配置する。 循環参照の出来上がり。 EXCELでは聞いたことがあるが、AutoCADにもあることを知った。 …

AutoCAD 2022のコードネームはSequoia(セコイア)つまり大木ということか?

AutoCADのコードネームに興味あるなんていうキトクな人向けに年に一度贈る最新情報。 2011年から始まったアルファベット順に命名するシリーズも12年目になるのか。。 今年はSから始まるので、sag …

no image

AutoCAD2010リリース

2009年3月19日、AutoCAD2010を出荷開始。 3年ぶりのデータ構造変更。 2010形式で保存したDWGファイルは、AutoCAD2009以前や その他CADで開くことができない。 オートデ …

no image

寸法値の高さ

AutoCADの寸法値高さは難解だ。 定義している場所が3箇所もある。 1.寸法(DIMENSION)の文字高さ 2.寸法スタイル(DIMSTYLE)の文字高さ 3.文字スタイル(STYLE)の高さ …

no image

まだAutoCADで消耗してるの?

日本は世界でもめずらしく、外資系巨大CADが市場を独占できない国だ。 日本の設計が、世界標準でないということでもあるんだけどね。 AutoCADは、おいらにとって原点でもあり敵でもある。 AutoCA …