CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

DWG

OpenDWG

投稿日:

2次元CADのデータ交換で最も使われているのは、DWGです。少し前までは、DXFだったのですが、徐々にDWGに移行しています。SXFというものも流通し始めていますが、まだその比率は低いです。さて、そのDWGですが、AutoCADのネイティブデータで、内部構造は公開されていません。というのは建前で、実質的には公開されているのと同じ状況です。重要な役割を果たしているのが、OpenDWGという組織です。(OpenDWGという名前は旧名称で、今はOpenDesignAllianceと変更されているのですが、私としてはピンとこない名前なので旧名称を使っています。)

http://www.opendesign.com/

OpenDWGは、DWGという公開されていないCADフォーマットを解析するためのライブラリーを提供しています。ソフトに組み込むためには、年間数千ドルのライセンス料が必要になり、われわれも払っています。アメリカではもちろんのこと、日本のCADメーカーも8割型これをつかっていると思います。

AutoCADは、Autodeskというメーカーが作っています。DWGというファイルフォーマットは、Autodesk1社が規定したもので、本来これがデータ交換に使われるものではないという考え方があります。ところが、CADの市場におけるAutoCADの圧倒的なな支配が過去から現在において継続しているため、自然とDWGがデータ交換に使われるようになりました。DWGの前に主流であったDXFは、同じくAutodeskが規定したもので、テキスト形式でデータ公式が公開されています。テキスト形式でファイルが大容量化したり、各CADメーカの独自解釈による問題など、様々な要因で、DXFはすたれつつあります。

OpenDWGのは、AutodeskのDWG関連技術をリバースエンジニアリング(逆解析)によって、築いています。最初は、Autodeskの技術者がドロップアウトして、組織を立ち上げたようですが、DWGも進化しますので、その部分はリバースエンジニアリングで補っているようです。この技術によって、IntelliCADというAutoCADそっくりのCADが出回っています。以前、OpenDWGの中心的役割を果たしていたのは、visioでした。今はマイクロソフトに吸収されたvisioです。興味深い関係性です。

私の仕事の3割くらいは、OpenDWGライブラリを使いこなすことです。DWG読み書き機能のトラブルに対して、ホームページにサポートサイトなどから情報を得て、対処するわけです。全て英語なので苦労しています。日本語サイトが出来ないかと、淡い希望をもってるのですが、無理のようです。

-DWG
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Teighaが何なのかを知りたければココを読め

Teighaとは?

no image

DWGdirect2.0.1

2007DWG対応ということで、2.0.0が出たのがちょうど1ヶ月前だったな。 そして2.0.1が出た。 こんどはBeta版だとさ。(2.0.0はAlpha版だった。) Neil が書いていたよ。   …

no image

Teighaのdwg2018サポート時期

AutoCAD2018がリリースしてしばらく経つ。5年ぶりのdwg変更で2018形式になったわけだが、まだうちのCADの問い合わせでdwgが読めねーじゃねーかという話は聞いていない。永久ライセンスがな …

no image

DWGdirect訴訟

OpenDesignAlliance(以下ODA)がAutodeskに訴えられたそうだ。 DWGdirectライブラリがAUTODESKという登録商標を侵害している、と言って。 裁判所が一時差し止め命 …

no image

DWGビューア

ペーパーモデル化ツールにDWGビューアが添付されていることは、 あまり知られていない。 インストールしたフォルダ内のView.exeを叩けば、起動できる。 例)C:¥Program Files¥PMt …

PREV
PDFとDWF
NEXT
ググる