CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

投資 仮想通貨

仮想通貨の投資信託はあるのか

投稿日:

仮想通貨も投資信託も両方やっているモノとして気になるのは、両者を合体させたものがあるかということ。結論から言うと現状存在しないが、もうすぐ始まるだろうという観測。以下そんな将来に向けて、現状の仮想通貨投資信託について調べた結果。

【CRYPTO20】
一部では世界初の仮想通貨投資信託と言われているが、実態としては投資信託ではない。ICOで資金調達してその資金を各種仮想通貨に投資するのはいいとして、ICO参加者(つまり投資する側)はトークンを得る。トークンは投資した仮想通貨の価格変動によって上がったり下がったりするので、投資者は高いときに売ればよい。普通の投資信託とは違って、好きな時に買えるものではない。すでに2017年末にICOが終了していて、その後新たにトークンを発行する予定がない。この1月15日にHitBTCという取引所に上場するんで、そこで売る人間がいれば買えるとのこと。ビットコインなどの仮想通貨は、売りたい人間と買いたい人間の価格調整によって上げ下げするところ、CRYPT20の場合は投資成果によって価格変動する。1/15っつったら来週なわけで、だったら今から準備しとかなきゃとHitBTCの登録だけやっといた。HitBTCはイギリスの取引所らしく、言語は英語のみだから日本人であるおいらにはちょっと難しい。しばらく静観するけど、来週の上場時の価格によっては参入するかもな。

【SBI証券】
2017年9月にSBI証券の親会社のSBIホールディングスが、米ヘッジファンドと組んで仮想通貨に投資するファンドをつくると発表。そうそう、日本には仮想通貨の投資信託はないけれども、アメリカにはすでにあるんだと。それから4か月が経過して動きなし。まずはSBIグループで取引所を作るって話が先行している。SBIバーチャル・カレンシーズが日本国内向けで、SBI MAX(仮称)が海外向け。前者は昨年12月に口座開設受付開始を予定していたが、受入態勢強化のために延期されている。取引所の名前はVCTRADEとのこと。バーチャル・カレンシー・取引所ってことだろう。取り扱いは、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・リップルの3つだけ。あんまりおもしろくない。しかし取引所運営が軌道に乗れば、その後仮想通貨の投資信託をやる準備が整うんじゃなか。ICOみたいな形ではなく、いつでも希望金額で売り買いすることができるファンドになってほしいものだ。近々動きがあるだろうから、おおいに注目しておく。

-投資, 仮想通貨

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ロボアドバイザー(投資信託自動運用システム)に100万円つっこんでみるぞ

住信SBIネット銀行の口座を持ち、捨ててしまった認証番号カードの再発行も済んだので、本格的にネット銀行を活用をするべく決断した。本格的と言ってもいきなり1000万単位じゃ怖いので、まずは100万円とし …

no image

A8セルフバック第二弾はファミマTカード

楽天カードで8000円の報酬が確定して近々そのカードが届くらしい。きっとこのカードは引出しの中で眠り続けることになるだろう。おつぎは、ファミマTカードで7500円ゲットするべく申し込んでみた。7月に入 …

no image

仮想通貨取引2017の決算

仮想通貨取引に税金がかかるってのは当たり前のことなわけで、仮想通貨元年と呼ばれた去年2017年でどれだけの税金がかかることになるのかはずっと気になっていた。仮想通貨を買うだけでは税金がかからない。買っ …

no image

ビットコインがけっこう下がったので買ってみた

ここのところビットコインが30万円程度で安定していたので、売り買いをひかえていた。昨日の夜、一時27万円まで下がったので買った。29万で0.1BTC、28万で0.1BTC、27万で0.1BTCなので、 …

no image

今年のNISAによる投資は絶好調

以下、今年のNISAによる投資状況。投資額約240万円に対して、約25万円の含み益がある状態だから利益率10%超えは素晴らしい。