CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

旅行(国内)

浜松ショートトリップ総決算

投稿日:2018年1月28日 更新日:

新幹線で往復すると当然のようにいい金額になってくるわけだが、港区在住のアラフィフオヤジのおいらにとってはハシタガネ。現地でカーシェアリングすれば自由度が高まると思いつくも、あぶないからと妻に止められてバスやタクシーでの移動と相成った。港区住民は車なんて非効率なものを所有していないので、年に数回しか車を運転しないから危なくてしょうがないという理屈。若いころに車持ってないとイケてないと考えた世代だけど、そんな古代の生き方はとっくに捨て去った。

真冬の平日、天気はよかったが風が強くて極寒だったためか、浜松駅前以外はどこでも人がほとんどいなかった。バスは子供と女性しか乗っていないという法則に気付いた。主婦らしき人、病院にいくであろうおばあちゃん、通学する小学生。駅に近いところでガラガラの車内に30名くらいの制服を着た小学生が乗り込んできたときはビビった。今調べたら、静岡大学付属の浜松小学校の生徒だった模様。男子は静かにしているが、女子はうるさいこと。

浜名湖での人間模様。遊覧船に乗りたいのに、間違ってフラワーパークで下車。水曜日の朝11時くらい。花を見るためのけっこうデカい施設なのに、人っ子一人いない状況。入場券を売るための窓口が一つだけ開いていた。40歳くらいの女性に遊覧船に乗りたいことを告げると、あらっそれだったらこの先の動物園まで行かないとダメですよと。車ですか?いいえバスで来ました。歩くと30分くらいかかるわねぇと、残念顔された。窓口を離れようとしたら、遊覧船乗車の割引チケットを渡されて結果200円くらいは得をしたのかな。冷風吹き付ける道路をテクテク30分歩いて遊覧船乗り場に到着。2/3くらいのところでバスが通貨したので、素直にバスを待っていればよかったなと少し後悔。遊覧船乗り場にも人おらず。5分前に出航していて、あと1時間しないと次が出ないと教えてくれたのは、やはり40代くらいの女性。今は閑散期なので便数が少ないんですよと申し訳なさそうだった。待合室があったから寒い思いはしなかった。スマホで将棋指していたら1時間はあっという間に過ぎたのだった。平日の行楽地なんて、こんな感じでさびれていることを身をもって体感したのだった。

日付 場所 目的 備考 料金
2018/1/24 品川 新幹線 こだま(品川⇒浜松) 8,090
2018/1/24 浜松駅 バス 浜松駅⇒フラワーパーク 560
2018/1/24 浜名湖 飲物 缶コーヒー 130
2018/1/24 浜名湖 乗船 浜名湖遊覧60分 1,120
2018/1/24 浜名湖 バス 動物園⇒浜松駅 580
2018/1/24 浜松駅 昼食 餃子15個定食&ビール 1,860
2018/1/24 浜松駅 タクシー 浜松駅⇒浜松城 880
2018/1/24 浜松城 入場券 浜松城 200
2018/1/24 浜松城 バス 浜松城⇒浜松駅 120
2018/1/24 浜松駅 おみやげ うなぎパイ 950
2018/1/24 浜松駅 新幹線 ひかり(浜松⇒東京) 8,090
合計 22,580

-旅行(国内)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大河ドラマ西郷どんゆかりの地である鹿児島に行くことにした

九州ってなかなか行く機会がなくて、最初に行ったのが高校の修学旅行。5年ほど前に山口を旅したときに関門海峡をわたってちょいと上陸したのが二度目。

no image

伊豆大島日帰りジェット船で行く椿まつりと火山を見るツアーに参加してきた

伊豆大島は遠いところだと思っていたが案外近かった。港区湾岸エリア在住なら、ちょいと歩けば日の出桟橋と竹芝桟橋があるという立地なわけで、クルーズ船には引っ越してきた直後に乗っていたし、船で浅草やお台場に …

no image

東京タワーと富士山

たいして意味はないですが、 首都高速から見た、東京タワーと富士山です。 自宅から私の実家までは、首都高速道路を使います。 東京の端から端に行く感じで、両方ともインターチェンジが近いので、首都高は重宝し …

no image

20万円の国内旅行

念願の奈良旅行(最大の目的は某寺に行くことだが、 その詳細はある理由により省略)にかかった費用。 20万円もかかってしまったのは誤算だった。 以下に、可能な限りの明細を記す。 日付 場所 目的 備考 …

no image

帰省

私は東京出身、妻は秋田出身です。 それぞれの家に年に2~3回行きます。 大晦日と正月を過ごすのは秋田と決まってます。結婚して10年経ちますが、一度も欠かしたことがありません。概ね5日間くらい滞在します …