CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

仕事

あまりにもクソな環境なもんだから、こっちも極端な行動で応戦せざろうえなくなってきて、これまで味方だった大物を敵にまわすのもありだなと思ったぞよ

投稿日:2018年11月2日 更新日:

大勢に取り込まれた人間は敵であり、少数派の星であることが正義であるおいらなので、これまで味方だと思ってきた人間だって敵に回してみたらどうなるかを試してみようと思い至った。

そやつは近頃、おいらに厳しく当たるようになってきた。そういう言い方はよくないよ/言動が表面的すぎて本質が伝わってこないよ/丸投げみたいなことをされてもこっちは何もできないよ/そんなことをわざわざ言ってくるから、近頃腹が立ってきていた。ギブアンドテイクが成り立たなくなってきた模様。利害関係において、害ばかりを受けるように感じ始めたのだろう。

20年くらい前に、こやつはなかなかやるなと技術面での存在感を感じた人間だった。5年ほどまでそういった状況が続いたが、今ではおいらのなかでクソなヤツに成り下がってきた。上やら下やら言ったところで、それはおいらの絶対的な価値観なので、客観的な上下関係でないのはわかっている。これまでリスペクトしてきた人間が、いよいよもっと上に向かっているのをおいらが気に食わないだけかもしれない。

結局のところ、おいらはほめられて伸びる人間だから、けなすようになった人間のそばにはいたくないということ。もっと嫌われるように、おいららしくあることが、彼に対する恩返しなのだ。もっと感じ悪くして、クッソ生意気なヤローだなと思われることこそ、おいらの狙う立ち位置だ。誰にどう思われるかを過度に意識してしまうのもよくなくて、評価を得るために自分らしくあるのをやめてしまえば、大勢に取り込まれたことになる。

組織のなかで結果を出す人間でないことは、50近くなってきてわかってきた。大学の同級生が一部上場企業の電機会社で部長になったとか、外資系で年収が3千万あるなんて話を聞いて嫉妬していたが、今になってわかることがある。組織のなかでリーダーシップを取って、引っ張っていくわけではなく、アウトローでわかるヤツにはわかる人間でありたいのだ。幸いなことに、バブル後期に一定の収益を上げている企業に就職できたから、これまで人並み以上の成果を上げてきた。これからは、会社のなかのクソな人間に付き従うのではなく、あくまでアウトローな立ち位置をキープして、自分と家族の喜びのために仕事をしていく所存。

ということで、その人におもねるようなことはもうやめる。まぁ、管理職になった時点で、そんな状況になるだろうとは予想していたが、ホントーにそうなっちゃったかという「案の定」なことでもある。別に会社のなかが敵だらけでもいい。家に帰れば妻という絶対的な見方がいるという強みを発揮して、自分らしくあるべし!

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

しかる

本屋に立ち寄ったら、阿川 佐和子 「叱られる力」が 目についたので、迷わず購入して、読み始めたところだ。 甘えんじゃねぇ。 ふざけんな。 いいからやれ。 厳選したおいらの三大叱り言葉だ。 やめちまえ、 …

no image

社畜で過ごしたこの1週間の出来事と人間模様

この1週間は毎日10時近くまで働いて体は疲弊したが、技術的な部分で得られるものがあったのでそれが救いになって、また来週もがんばれそうな気がしている。

no image

残業時間

2017年1月、帰宅時刻の平均が22時13分だったことが判明した。夜10時と言えばかなり遅い時間で、よーく残業したなぁという実感がある時間なのに、それを平均で超えてしまったのは異常だ。1月は実働が18 …

no image

スピーチ

80人からの人間の前で話さなければいけなかった。 少し前にふざけて書いた「CADの歴史」では話にならんので、 かなりまじめに書いたつもりだ。 某CADと書いたところは、実際の製品名としてしゃべったわけ …

no image

働き方改革をガシガシ進めていく決意をした

仕事のことをツラツラと書いてみよう。今はやりの働き方改革、プレミアムフライデーなんてどこの企業でもやってねぇじゃんという声もあるが、うちの会社およびおいらの気持ちの中ではガシガシと進んでいるって話だ。