CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

ディープブルー・ライジングがB級映画の極みなもんだから一言いいたくなった

投稿日:2018年11月23日 更新日:

ディープブルーというサメのA級映画があったが、その続きだと思わせるところがスタート。

そうじゃないことは、冒頭のクソCGを見て気付く。でも見るのをやめることが出来ず、途中船をこぐ状態になってまで最後まで見てしまうあたり、いかに我々がB級映画好きであることが分かるってもの。

主人公の男女がイマイチ感半端ない。サメはブス。映像はオモチャ並み。例によって端役はどんどん死んでいくわけだけど、その存在感のなさはビックリ。兄弟がいてアジア系オンナがいたことは覚えてる。

クソゲーB級映画としておもしろおかしく見れた。NETFRIX会員ならサクっと観れる。近頃TSUTAYAに足を運んでないので、古きよきしっかりした映画を見ていない。ちょいと前にみたメガシャークもその最たるもの。NETFRIXは株価も上がっていて話題を集めているようだがそろそろヤバいかね。TSUTAYAの新作または準新作借りてこよー。

-本・映画・音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ホラー映画

ホラー映画好きな我々にマッチした本を読んだ。 妻が見つけてきた本だ。 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 作者: 荒木 飛呂彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2011/06/17 …

no image

ガンダム

猛烈にガンダムが見たくなった。 機動戦士ガンダム。 私が少年のころ、ガンプラが大流行し一世を風靡した。 テレビの再放送をちょこちょこと見ていた。 そのころは、ガンダムの物語に対して思い入れもなく、 比 …

no image

水滸伝

北方謙三の全19巻に着手している。 今11巻を読み終えようとしているところ。 ちょっと中だるみしてきているが、何とか読み続けている。 吉川英治の新・水滸伝は読んだ。 作者死亡により未完で終わっているの …

no image

正義

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 作者: マイケル・サンデル 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2010/05/22 メディア: 単行本 現時点でもアマゾンのランキン …

no image

ゴースト

WOWOWに再加入した。 マイケルのゴーストを見るためだけと言っていい。 今ならeスタート割で、翌月末まで660円(通常2,415円)。 過去に加入していた人も対象になるのがよい。 ネットから申し込ん …