CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

社内図書館

投稿日:

社内情報共有の一環として、社内図書館を運営してみようと思っている。
SEなんて仕事をやっていると、世の技術動向に敏感である必要があるし、
いろんな技術要素についてきっちりとした知識を身につけておかなければならない。
そのためには本で勉強することが最も近道なわけだ。
個人、またはグループごとに本を買っているケースは多いが、その共有が行われておらず、
結果として二重三重の経費増になっているはず。
また、本好きというのはどこにでもいるだろうから、仕事と関係ないところでの本の共有も
ありえるであろう。
小説、エッセイ、趣味関係などの本もならべて、みんなで共有する。
感想を述べ合ったりして、社内での新しい人間関係を築くこともできるか。
物理的な問題としては、大きめの棚を1個空ければよいだろう。
並べる本は、各課や個人が持っているものを寄贈してもらう。
無用の長物として眠っている本は、たくさんあるに違いない。
どんな本があるかをわざわざ本棚をみなくてもいいようにするために、
ブクログというシステムを使ってみようと思っている。
アマゾンで扱っている本ならすべて登録できるということなので、使えるだろう。
また貸出中かどうかや、感想を書くこともできる模様。
なかなかいいんじゃないか。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

楊令伝

北方水滸伝の後には楊令伝が続いていた。 今、楊令伝の第2巻の二回目を読んでいる。 そう、北方水滸伝を完読して、文庫が出るまで封印しておこうなんて決意は 長く続くことはなく、ハードカバーの楊令伝を買った …

no image

泣いて馬謖を斬る

北方三国志11巻を読み終えた。 12巻では「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」が描かれているので楽しみだ。 諸葛亮孔明が、指示に従わずに敗戦したことの責任を問い、 泣く泣く愛弟子の馬謖を処刑することをいう …

no image

ホラー映画

ホラー映画好きな我々にマッチした本を読んだ。 妻が見つけてきた本だ。 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 作者: 荒木 飛呂彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2011/06/17 …

no image

猿の惑星ジェネシス

よくできた話だった。 なぜ猿が文明を持つに至ったかを、現代的な話でよく説明してくれた。 感動物でもあるし、地味にみえてスゴイ特撮だったと思う。 SUPER8で痛い目にあい、しばらく映画はみなくてよいと …

no image

私が彼を殺した

私が彼を殺した 作者: 東野 圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/03 メディア: 文庫 最近読んだ本です。 ミステリー本なんですが、最後まで読んでも犯人を教えてくれません。 犯人が …