CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

さまよう刃

投稿日:

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/05/24
  • メディア: 文庫

東野圭吾の文庫本を読んだ。
あいかわらず、外れがない。
涙を流した。
以下、ネタバレ注意。
不良少年どもに殺された娘の恨みを晴らす父親が主人公。
父親が犯人の1人を殺すまでは、普通の復讐ものというところか。
警察から逃れて、密告者からの情報を頼りにもう1人の犯人を捜す。
世間の同情を買い、協力者を得る。
復讐を果たせるというその瞬間に、協力者の行動で結果が逆転する。
父親は、警察に撃たれて死亡。
犯人は警察につかまるが、少年であるため罪は軽い。
恨みを晴らせないせつなさ。
よかれと思って行動した協力者の悲しみ。
密告者の意外な人物像。
ただ復讐して満足するだけの単純な話ではない。
社会の理不尽さを、これでもかと書ききっている。
腹立たしくて、くやしくて、せつない。
父親の立場になると、復讐は当然の行動であり、
誰もそれを止めることはできないはずだった。
たとえ警察であったとしても。
悲しくて悲しくて、涙が止まらなかった。
正義とは何か、よくわからなくなった。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


  1. 主人公の微妙な心の動きが見所:さまよう刃

    さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)作者: 東野 圭吾出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2008/05/24メディア: 文庫 二人の不良少年に娘を犯され、殺された男が復讐をのために犯人を捜す過程を通じて、復讐をもくろむ男の心情と、それを取り巻く周りの人間の模様をうまく描いた作品。 ミステリとしてもちょっとしたものであり、東野圭吾の作品と言うことで期待しても、その期待を裏切られることは無いであろうと言う作品である。 私の感想は以下。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ホラー映画

ホラー映画好きな我々にマッチした本を読んだ。 妻が見つけてきた本だ。 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 作者: 荒木 飛呂彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2011/06/17 …

no image

夕刊

長いこと朝日新聞を購読している。 夕刊をやめてみた。 平日と土曜日の夕方に配達される夕刊に目を通すなんてほとんどなくて、 一度も開かずに積み上げられていくのが耐え難くなってきたのだ。 事前情報として、 …

no image

水滸伝

北方謙三の全19巻に着手している。 今11巻を読み終えようとしているところ。 ちょっと中だるみしてきているが、何とか読み続けている。 吉川英治の新・水滸伝は読んだ。 作者死亡により未完で終わっているの …

タイムトラベルの名作映画で観てない作品ってこんなにあるのか

バタフライエフェクトを観てから、タイムトラベルもの映画が観たいという欲求が高まりネットでいろいろと調べてみた。 以下3作品は観るに値するものと判断。Netflix、Amazon Prime、TSUTA …

no image

近頃読んだ本

SEのフシギな職場―ダメ上司とダメ部下の陥りがちな罠28ヶ条 作者: きたみ りゅうじ 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2006/06 メディア: 文庫 SEをとりまく環境を、おもしろおかしく書 …