CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

DWG

新DWGManager

投稿日:

DWGManager Ver1.0.4。

シェアウェア(5,355円)としてリリース生まれ変わったようだ。

前にこのブログで触れたときは、Ver0.8.1でフリーウェアだった。

バージョン0台はフリーソフトで、バージョン1になった途端シェアウェアになったなぁ。

予想はしてたけど、使う側にとってはちょいとね。

当時は簡単に落ちるようなアプリだったけど、今回のリリースではかなり安定している。

そして、カテゴリ「CAD・NCユーティリティ・プロッタ > AutoCAD用」の中で

着実に順位を上げている。

去年の12月アップで、現在15位だからなかなか調子よい。

ベスト5に入るのは時間の問題というところか。

このVer1.0.4、ちょいと触ってみたので感想を述べておこう。

・中ボタンドラッグによる画面移動が出来ないのは痛い

・左ボタンドラッグによる2点拡大は素晴らしい

・右ボタンメニューがあってもよいか

・でかい図面だと遅い (たぶんWinGDIだけでやってるんだろう、DirectXは早いのに)

・連続印刷が出来るらしいけど、印刷プレビューがないのは惜しい

・印刷に関して大量の設定項目があって、わかりづらい

・2007DWGに対応していないのは、どうかな?(DWGdirect 2.2.0出てるよ)

・レイアウトを切り替えるタブメニューはなかなかよい

 (AutoCADっぽい、前の描画状態が保持できればなお良いんだけどね)

・アプリのアイコンがださくなった(前の球みたいなやつのほうが良かったのに)

・簡単インストーラを使っているのは好感が持てる(見慣れてるので)

DWGdirectでビューアを作ってみよう!

初期のDWGManagerを見てそう思ったんだけど、そろそろ形になってきた。

データ変換だけでなく、描画エンジンを持つことによって、

既存ツールに幅が持てそうな気がしている。

関係者に公表して感想を聞こうかな。

ところでシェアウェアの話。

1本5000円として、月に10本くらい売れるのかな~。

3割くらいはVectorにとられるから、月に3万5千円。

ということで、年に42万円の利益。

う~ん、渋いですな。

個人だったらともかく、企業で年に42万じゃ、採算とれないかな。

月に100本売れたとしても、0.5人分の人件費にしかならない。

とにかくDWGManagerには、がんばってほしいところだ、

-DWG
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

DWG TrueView

 フリーのDWGビューアです。もちろんDXFも見れます。印刷もできます。いつの間にかAutodeskからリリースされてました。  ここ最近はDWGのビューアを有料にしてたのですけど、ここへきて方針変更 …

Teigha改めODAでDWGをDXFに変換するプログラムをつくってみよう!【Part.2】

Part.1ではあれこれと前提の話を書いたわけだが、今回は実際にVCのプロジェクトを作る準備をしてみよう。 1.ODAモジュールのダウンロード 2019 Update 2のKernelとDrawing …

no image

円弧をポリラインに変換

以前書いた記事「ポリラインのふくらみ」を実践する日がやってきた。 複数のつながった円弧を1つのポリラインに変換する。 AutoCADのポリラインは、点列を線分でつなぐだけのものではない。 途中にふくら …

no image

DWGdirect 2.4.0

いよいよ本格的な2008DWG対応が行われたようだ。 DWGdirect 2.4.0 Beta. Sustaining Member向けにBeta版が公開された。 Neil から英語の短いメールが届き …

no image

Teigha3.3.1

DWGdirect改めTeighaの3.03.01がリリースしたのは、6月の最終日である30日だった。 リリース予定を、The end of Juneと公言していたのをかろうじて守ったことになる。 そ …