CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

DWG

Teighaというブランド名を使うのはもうやーめた

投稿日:2018年12月22日 更新日:

TeighaのGoogle検索順位1位の本サイト(CAD日記)だから、Teighaの最新情報を書いておく責任がある。この9月にODA社が出したアナウンスは以下の通り。
Use of Teigha brand name to be discontinued

Teigha(ティーガ)という名前をもう使わないよということは伝わってきたけど、なにぶん英語で書いてあるから日本人にはイマイチ伝わらない。短い文章でもあるから、おいらが翻訳してみようじゃないか!
-------------------------
【Use of Teigha brand name to be discontinued.】
【ブランド名としてTeighaを使うのはもうやめる】

Scottsdale, AZ: September 19th, 2018 – Open Design Alliance (ODA), developer of interoperability, visualization and other foundational technology for the CAD industry, announced today that the ODA “Teigha” brand name is being deprecated in favor of the “Open Design Alliance” brand.
アリゾナ州 スコッツデール 2018/9/19.
相互運用性および視覚化を手掛け、CAD産業のための基礎的なテクノロジー企業であるODA社は、Teighaというブランド名を使わずに、Open Design Allianceブランドを選ぶと本日発表した。

“The Open Design Alliance name is well-known and highly respected within the industry,” commented Neil Peterson, ODA President. “It’s a good name—it clearly communicates our mission, and it resonates well with people in the industry. Teigha, on the other hand, has not achieved a satisfactory level of mind share even after eight years of use. So, we are consolidating on the ODA brand name that everyone already knows.
「Open Design Allianceという名前は、業界のなかでよく知られていて、非常に尊重されている。」と、ODA社社長のネイル・ピーターソンは言っている。Open Design Allianceは我々のミッションをクリアーに伝えるよい名前であり、業界の人々に周知されている。一方でTeighaは8年間使ってきたが、知名度の点で満足なレベルまで到達することはなかった。よって、我々は誰でもすでに知っているODAブランドに統合することにした。

“This decision is also strategic. ODA’s primary mission is development—it doesn’t make sense for us to spend money building name recognition for a new brand. As part of this change, we have updated our logo and adopted a new tagline to help communicate our mission of providing equal access to key data formats and CAD technology.”
「この決定は戦略的なものだ。ODAの大きな使命はソフトウェアを開発すること。新しいブランドを作って、知名度を上げることに資金を費やすことに意味を感じない。ささいな変化として我々はロゴを更新して、誰もが平等にCADデータにアクセスできるようにする任務を全うするために、変化することを取り決めた。
-------------------------

素人が自分の思いも込めて意訳したけど現実は外していないと思う。ようするに、こういうことだ。
Teighaという8年前に言い出してみた名前は期待ほど世にひろまらなかったのでもうやめたよ。ODAという既に世に広まっている名前で行くことにしたし、そんなブランド名なんてクソどうでもいいことにはこだわらずに、DXFとDWGのデータに誰もがアクセスできるようにするという我々の原点をCAD業界のためにこれからもやっていくから、みんなよろしくな!

そっかー。Teighaというネーミングは好きだったんだけどねぇ。。これからはOpen Design Alliance、略してODA(オーディーエー)。みんながTeighaでググらなくなるとアクセス数が減るからCAD日記としてはとても残念だけど、ネクストキーワードはオー・ディー・エーってことでこれからもCAD日記をよろしこ。

-DWG

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

DWGdirect 1.14.01

ついに出ました、新バージョン。 今、最も注目&期待しているものです。 1ヶ月程前、1.14がBetaとしてリリースして、試験的に試してました。 少し不安定だなと思いつつ、周囲の人にはそんな感想をもらし …

no image

TeighaのPDFサポートその後

TeighaのPDFサポートのその後の話です。 Teigha(旧OpenDWG)のベースの契約だけではPDFを扱うことが できないため、追加契約が必要となる。 デモ版での基本的動作の確認がとれため、追 …

no image

Teighaラスター出力の実力

CAD日記らしく、最近注力しているTeighaについて。 今さらながらTeighaについて軽く説明してみよう。 Teighaは、AutoCADクローンCADのエンジンとしての長い歴史があるものだが、 …

no image

Teighaを使う日本企業

ODA Members of JAPANという記事を2008年に書いた。 56社の日本企業がOpen Design Allianceと契約していたという実態だった。 それから約8年経ってどうなっている …

no image

DWGdirect 2.5.2

2008/3/19、DWGdirect 2.5.2がリリース。 リリースノート(英語) 新しいクラスや関数には目新しいものはない。 一方、90項目のバグフィックスが行われている。 これだけのバグが内在 …