CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

UNICODE対応プログラム

投稿日:

開発環境:VC6

プリプロセッサの定義に、UNICODE,_UNICODEを追加。(_MBCSをカット)

EXEの場合は、エントリポイントシンボルにwWinMainCRTStartupを記述。

・char → TCHAR

・LPSTR → LPTSTR

・LPCSTR → LPCTSTR

・strcpy → _tcscpy

 (文字列を扱う関数は、基本的に全部置き換え)

・ダブルコーテーションで文字を書いているところは、_T( ) で囲む

などなど、いろいろ大変。

CStringなんかのMFCクラスは、そのまま使えるんだけど、

MFCのなかったCの時代に作られて、今でも使い続けているような

プログラムだと、とっても恐ろしいことになる。

全部投げ出して新しく作っちまったほうが早いと考えるかもしれない。

たしかWindowsNTが出だしたころか。

UNICODEに対応しようよ、という話が出だしたのは。

(今ちょいと調べたらNT3.1がリリースされたのが1993年)

14年の年月が経過している。

当時はプログラムを始めたくらいの時期で、何のこっちゃわからんかった。

今では、少しはわかるようになってきたかな。

だいたいVC6なんて古い環境を使っていることにも問題がある。

ドットNET以降は、細かいことを意識しないでも自然にUNICODEに対応したアプリが

作れるようになっているらしいからさ。(うそかもしれん)

過去のしがらみを断ち切って、VS2005あたりにジャンプアップする。

想像の世界では実現したことあるけど、現実世界では厳しい。

まず、1本のソフトをUNICODE対応アプリに書き直してみようと思う。

実際にやってみて、どんなものかを実感してみるに限る。

-ソフト開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

PDFの用紙サイズはポイントで表現されている

PDFの用紙サイズをiTexSharpで取得したら、mmでもinchでもない、 謎の数値が得られたので、調べてみたらポイントという単位だった。 ポイントとは、WordやEXCELで文字の大きさを指定す …

PDFアレコレVer1.01リリース

趣味のプログラムってホント楽しくて、平日の夜中だってのに眠りを忘れて取り組んでしまった。

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃん(2)

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃんの続き。以下2点の改修をしたスクリプトを作ってみた。 ・vhdファイルが存在しなければ、エラー …

no image

フォルダ監視

フォルダを常時監視しておいて、ファイルが放り込まれたら、 自動的にファイル変換してくれたらよいね。 なんていう話があった。 一週間という短い間に、対象ソフトは別で2件あった。 こいつぁ、なんとかせにゃ …

zipcopy Ver1.02リリース

昨日に引き続きリビジョンアップを実施して、Ver1.02とした。 Ver1.02での変更点は以下の通り。 ・7zipを使わずに、DotNetZipの機能で圧縮・解凍を行えるようにした。 ・ファイル削除 …

PREV
新DWGManager
NEXT
PS2