CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

昔のマンガが懐かしくてメルカリで真田剣流を買ってみた

投稿日:

真田剣流。白土 三平の忍者モノ。小学生の頃に、親戚の兄ちゃんから譲り受けたマンガ本の中にあって、繰り返し読んだものだ。他に、サスケ、カムイ外伝、忍者武芸帖、シュマリ、エリア88なんてのがあって、おいらの幼少時代の人格形成におおいに影響した。真田幸村、服部半蔵といった歴史上の人物がからむところもおもしろかったのだが、いちいち全部そろってなかったりしたので、十代後半に買いそろえて読み切ったりした。

真田剣流というタイトルは忘れていた。ツツガムシを使った暗殺術の話が印象的で、てっきりカムイ外伝の話かと思っていたが、よくよく調べたら真田剣流だったという顛末。女忍者の桔梗が、その暗殺術の謎を解き明かそうと立ち回る話で、最後にその術にかかってもうダメかというところで、太郎なるヒーロー役が丑三の書を解き明かして桔梗を助ける。。なんて話だったはず。たった2巻で完結する話なので、めずらしく全部そろっていて、満足感が高かったのだろう。

真田剣流の1巻と2巻をメルカリで800円程度の金額で購入した。販売している数が少なく、単品で買えたのはこれだけだった。作者の白土三平は忍者モノをたくさん書いているし、真田剣流が三部作の一つでもあるのでセット販売が多かった。このマンガを売りたい買いたいのマッチングがなされたわけだ。非常にレアな要求を持つ両者がメルカリで出会い取引が成立する。やっぱメルカリってスゴイと思った次第。

-本・映画・音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

REC2と4をNetFlixでみた

ゾンビものとしては異色で、全編ビデオカメラを用いた主観撮影している。スペイン映画というのも興味深くて、ハリウッドでリメイクされるもオリジナル版のほうがダンゼン評判が高かった。1が日本で公開されたのが2 …

no image

プロメテウス

プロメテウスは、謎の多い映画だった。 前情報として、エイリアンとの継続性があるということを得ていなかったが、 みていれば多くの共通点に気付く。 最後に、御大登場でこの映画は終わる。 最大の謎は、冒頭の …

no image

進撃の巨人24巻は12/8(金)発売だ

いつ出るかと楽しみにしているマンガはコレだけになってしまった。 進撃の巨人(24) (週刊少年マガジンコミックス) Kindleで読めばたったの432円。 おいらももちろん予約した。 とりあえず23巻 …

no image

エリア88完読後の感想

エリア88全13巻を完読して、とてもとても楽しめたのでその感想をつづってみよう。

no image

近頃読んだ本

SEのフシギな職場―ダメ上司とダメ部下の陥りがちな罠28ヶ条 作者: きたみ りゅうじ 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2006/06 メディア: 文庫 SEをとりまく環境を、おもしろおかしく書 …