CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

昔のマンガが懐かしくてメルカリで真田剣流を買ってみた

投稿日:

真田剣流。白土 三平の忍者モノ。小学生の頃に、親戚の兄ちゃんから譲り受けたマンガ本の中にあって、繰り返し読んだものだ。他に、サスケ、カムイ外伝、忍者武芸帖、シュマリ、エリア88なんてのがあって、おいらの幼少時代の人格形成におおいに影響した。真田幸村、服部半蔵といった歴史上の人物がからむところもおもしろかったのだが、いちいち全部そろってなかったりしたので、十代後半に買いそろえて読み切ったりした。

真田剣流というタイトルは忘れていた。ツツガムシを使った暗殺術の話が印象的で、てっきりカムイ外伝の話かと思っていたが、よくよく調べたら真田剣流だったという顛末。女忍者の桔梗が、その暗殺術の謎を解き明かそうと立ち回る話で、最後にその術にかかってもうダメかというところで、太郎なるヒーロー役が丑三の書を解き明かして桔梗を助ける。。なんて話だったはず。たった2巻で完結する話なので、めずらしく全部そろっていて、満足感が高かったのだろう。

真田剣流の1巻と2巻をメルカリで800円程度の金額で購入した。販売している数が少なく、単品で買えたのはこれだけだった。作者の白土三平は忍者モノをたくさん書いているし、真田剣流が三部作の一つでもあるのでセット販売が多かった。このマンガを売りたい買いたいのマッチングがなされたわけだ。非常にレアな要求を持つ両者がメルカリで出会い取引が成立する。やっぱメルカリってスゴイと思った次第。

-本・映画・音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ヒマだったから映画を3本も観てしまった

以下3本、過去に見たことあるものばかり。退屈な一日を過ごすのに最適だった。

no image

夕刊

長いこと朝日新聞を購読している。 夕刊をやめてみた。 平日と土曜日の夕方に配達される夕刊に目を通すなんてほとんどなくて、 一度も開かずに積み上げられていくのが耐え難くなってきたのだ。 事前情報として、 …

no image

社内図書館

社内情報共有の一環として、社内図書館を運営してみようと思っている。 SEなんて仕事をやっていると、世の技術動向に敏感である必要があるし、 いろんな技術要素についてきっちりとした知識を身につけておかなけ …

no image

私が彼を殺した

私が彼を殺した 作者: 東野 圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/03 メディア: 文庫 最近読んだ本です。 ミステリー本なんですが、最後まで読んでも犯人を教えてくれません。 犯人が …

タイムスリップ映画の傑作「バタフライエフェクト」をみた

蝶の羽ばたきが遠く離れたところで嵐を起こす。。それがバタフライエフェクト。カオス理論。カオスとは無秩序、混沌。 主要登場人物4名は幼馴染。 エヴァン:主人公のイケメン男子。親からの遺伝で特殊な能力を持 …