CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

グルメ

生まれてはじめてちゃんとした料理を作った49歳の夏

投稿日:

いや、料理を作ったことはあるんだけど、卵焼きとか味噌汁とか野菜炒めなんていう単発的なことはやったことあるだけで、夕食のテーブルに載るすべての料理を1人で作ったのは、ホント生まれてはじめてなわけだ。

日本は絶賛おぼん休みなので、おいらは今週いっぱい休みであるのに対して、普段料理をしてくれる妻は出社。だったら、おいらが全部料理をしてみようじゃないかという考えだった。しかし、49歳になるまでそんな機会がなかったというのは、何やら偏った生き方をしてきたんだなとつくづく思う。結婚と同時に実家を出て妻と暮らし始めたから1人暮らしの経験がなく、料理をつくる必要がなかった。料理の味や質に対してこだわりがない人間だった。それが今料理をしたいという気持ちが高まった。今回を機に、これからも定期的においらが料理を作るということをしていきたいと思う。経験がなく手際が悪いので妻に不満を持たれるかもしれないが、料理はウデではなく気持ちだと信じている。失敗があるから、今度はうまくつくろうという気になって、次第にうまくなっていくもの。

メインディッシュはチンジャオロースー。はじめてなんで、クックドゥ(味の素)を使う。え?って思われるかもしれないが、急に難しいことをして料理のメンドウさに絶望してもいけない。でも、ピーマンとタケノコと肉を細切りにするのはけっこうタイヘンだった。野菜を炒めて皿にとる。ピーマンの火の通し加減が難しかった。肉を炒めてクックドゥを流しこみ、野菜を戻して炒める。味付けはクックドゥなので何の心配もなく、おいしい料理が出来上がった。

副菜は「チンジャオロースに合う献立15選。一緒に食べて旨さUP!」から2品を厳選。
包丁も使わない!キャベツときゅうりのうま辛ラーポン。めん棒なんて我が家にはないので、包丁の尻でガンガンと叩いた。うまくヒットせずに何度もトライしなければならなかった。我が家にはラー油がないので買ってきた。ギョウザ食う時どうするのかって酢オンリー。キュウリもキャベツも手でちぎるので包丁要らずだったんだけど、逆にかなり手間がかかった感じ。けっこうな分量できてしまったので、しばらくのあいだは副菜として我が家の食卓に載ることになる。

きのこたっぷり中華風春雨スープ。2品目はスープだろうと思ったし、春雨ってのはヘルシーでいいなと思った次第。我が家は夕食に米を食わない文化があるので、春雨で食った気になろうという気持ち。オイスターソースが切れていたので買ってきた。しめじ、にんじん、長ネギを使うのでヘルシーこの上なし。調味料入れて3分煮込むだけだったから、材料さえそろえれば作るのは簡単だった。大さじ、小さじを計る器具がなかったので、れんげで代用した。

お盆休みはまだまだ続く。残り物で翌日の昼メシをまかなうことにしよう。チンジャオロースー丼にするのが有力。また、買い込んできた材料が残っているので、そいつらを使って新たな料理にチャレンジしてみるのもよし。クックドゥ的に言うと、ホイコーローを作りたい。

-グルメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ふぐ2011

2011/02/05。 恒例のふぐ三昧だった。 これぞふぐっていう一枚に集約してみた。 多くのもので表現すれば薄まってしまうわけで、 濃密な一枚がいいってことだ。 世の中、震災の話題ばかりだし、おいら …

no image

ふぐ

暖冬の中、ここ数日急激に寒くなり、 ふぐを食べるには最適のタイミングとなった。 人間ドック対策として約2週間の禁酒期間を経て、 午前中に人間ドックを受診し、その夜にセッティングしていたのが、 年に一度 …

no image

誕生日

古い油の記憶も新しい、11月の半ば。 成城のフレンチで、恒例の行事が行われた。 ここ2ヶ月ブログを更新していないので、 ずっと「古い油」の記事がトップに載り続けていた。 あの厳しい経験を打ち消すために …

no image

なぎ屋

小田急線、千歳船橋駅徒歩1分。 久々に近所のうまい店を発見した。 天下一焼きとん焼き鳥 なぎ屋 休みの日にわざわざ電車に乗ってまで、飯を食いに行くなんて めったにないことなわけだが、今回は当たりだった …

no image

定時で仕事を終えて、帰りに妻と落ち合いもつ鍋を食う

近頃は定時で仕事を終えることに何のうしろめたさも感じなくなり、その結果プライベートが充実してきた。連日10時まで働いてクサクサしていた3か月前とは大違いだ。今となっては、なんであんなに仕事をやれていた …