CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

PDFアレコレにページ抽出機能を追加して独自アイコンも組み込んだ

投稿日:

PDFアレコレに念願のページ抽出機能を追加した。ページの操作っていうのはPDF編集においてキモだ。ページの回転を考慮した編集操作が必要だからけっこう苦労しちゃった。変更点は以下の通り。
Ver2.06 2020/4/29
・プログラムおよびフォームのアイコンを独自のものに差し替えた。
・ページ削除で最初のページを対象にしてもページずれが発生しないようにした。PDFiumによる処理の問題なのでiTextSharpの処理に変更。
・ページ抽出に対応した。
・ページ削除およびページ抽出においては、元PDFおよび編集結果のpdfでファイルのプロパティやセキュリティ情報を引き継げていない(今後の課題)
詳細はコチラ。

以下は、iTextSharpでページ操作をしている処理。

引数にあれこれ追加しちゃったのでわかりずらいが、以下のように呼び出せば、pagesで指定したページ番号配列が削除されたpdfファイルがtempという名前で作成される。
_pageDel(reader, temp, false, true, pages);
ページ削除以外に抽出をする必要もあったので、ページ番号配列だけを抜き出したpdfをつくる場合は以下のように呼び出せばよい。
_pageDel(reader, temp, false, false, pages);

ページ削除および抽出時に、プロパティやセキュリティを引き継げていないというのが課題。プロパティは容易だが、セキュリティはやっかい。そもそもセキュリティ操作を現時点で何もやっていないから。パスワード付きPDFの読み込み時に、パスワード入力させるくらいはやっておいたが、独自にいろんなセキュリティを付加する機能なんてのが今後は必要。パスワードを付ける、印刷を禁止する、コピペを禁止するとか。。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

PDFアレコレをVer3としてリニューアルしたのは、GUI操作をちゃんできるようにしたかったからだ

PDFアレコレをVer3としてリニューアル。 Ver3.00 2020/5/24 ・起動画面をプレビュー画面(PDFの描画画面)に変更して、起動画面からすべての操作(画像変換・ページ編集・テキスト抽出 …

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃん(2)

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃんの続き。以下2点の改修をしたスクリプトを作ってみた。 ・vhdファイルが存在しなければ、エラー …

no image

VisualStudio2005

帰国後の1週間を乗り切った。 バカンスモードの体からビジネスモードに切り替えるのは、 なかなか厳しかったが、この1週間で徐々に慣れてきた。 夢のような南国リゾートとは違い、現実世界は厳しい。 さて、V …

VisualStudioのアイコンエディタはクソで、Paint.NETが素晴らしいじゃん

アプリケーションエンジニアならicoファイルを自由自在に作れるかっていうとそうでもなくて、今までだましだまし適当に作っていた。Photoshopなんかで画像を作るとこまではいいんだけど、それをVisu …

PDFアレコレVer1系は1.02で打ち止めとするにあたって最後の強化をした

iTextSharp7を組み込んでVer2にしようというプランに移行するにあたって、心残りだったところをVer1.02として強化しておいた。