CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

コンピュータ全般

まぎらわしい単位といえば、ディスク容量と通信速度だよなぁ(1)

投稿日:

まぎらわしい単位ってテーマが今朝電車に乗っているときに思いついたので、早速ブログで書いてみよう。

ディスク容量。ディスクというのはCDやDVDやHDDのこと。700MBとか4.7GBとか1TBなんてあるわけだけど、この容量は1キロバイトを1000バイトとして換算している。コンピュータ系の常識として1キロバイトを1024バイトで換算する。1024って何かといえば、2の10乗。ドラえもんの話が強烈に印象に残っている。定期預金の利率が10年で2倍(年利7.177%の1年複利)なんて、今では考えられないけどそんな時代があって、それを10回くらい返す。。つまり100年後に元本が1024倍になる。パパのボーナスをタンスから勝手に持ち出して銀行に定期預金で預けて、タイムマシンでドラえもんが受け取りにいくという話。すんなり事が運ぶわけはなく、100年後の未来の紙幣は現在で使えないから、古銭屋で現代の紙幣を買ってきて、少し増えただけというオチ。パパがタンスからボーナスを取り出して、あれぇ~少し増えているなぁって感じ。

話がそれた。1バイトを1024キロバイトとして換算してさらにメガやギガやテラにすると、数値が少しずつ小さくなっていく。1000キロバイトとした場合と比較した場合よ。700MBのデータがあったとしよう。1000で換算すると700×1000×1000=700,000,000バイト。Windowsの容量計算は1024で換算するので700×1024×1024=734,003,200バイト。4.8%も数値が変わってくる。何が言いたいって、700MBのデータは700MBのCDに書き込めないってこと。700MBのCDに書き込めるデータは、657.3MB(=700÷1.024÷1.024)。4.7GBのDVDだったら、4.37GB(1.7÷1.024÷1.024÷1.024)。1TBのHDDだったら、0.909TB(1÷1.024÷1.024÷1.024÷1.024)。9%も大きく見せているということだ。

業界の慣習らしい。そんなことして大きく見せたところで実際に保存できる容量が少ないんだから本末転倒だ。容易に変えられることではないんだけどね。とりあえず今日はこんなところで終わり。次回は通信速度のbpsのまぎらわしさについて書いてみよう。

-コンピュータ全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

マシン確保する方法をみんな知らなさすぎる

上司あるいは会社がケチなもんだから、用意されたマシン(PCやサーバー)の量と質に問題があるって話をここでよくしている。もちろん無駄に金を使うのはよくないが、

HP EliteBook 2540p(ノートPC)を強化した記録

HP EliteBook 2540pというノートPCは2010年4月22日に発売になったもの。それから9年と4か月も経過しているマシンだ。 強化するために入手したものは以下3点で合計10,729円の出 …

no image

Acrobat 2017をお得に買う方法

Adobe Acrobatがバージョンアップして2017になるという情報を得た。Windows 10で「Microsoft Print to PDF」なるプリンタードライバーが標準で付いたからAcro …

no image

nifty

毎月毎月1,260円をniftyに払い込んでいる。 メールアドレスを使うためだけに。 長年使い続けてきたメールアドレスだけに 解約するわけにはいかないが、 いくら何でも高すぎると思って、 調べてみたら …

no image

Excelの共有ブック

Excelファイルをネットワーク上において、複数人で共有することはよくある。 一人が開いていると、他の人は読み取り専用でしか開けない。 仕方ないから、通知ボタンを押してその誰かの編集が終わるのをひたす …