CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

iTextSharpのバージョンとライセンスが難しい

投稿日:2020年8月11日 更新日:

iTextSharpがPDFを作るオープンソースであることはよく知られているが、そのバージョンとライセンスについてくわしく調べようとすると深みにはまる。

バージョンについて。
4系、5系、7系があって、今なお更新されているのは7だけ。4と5は開発が停止している。4と5はiTextSharpと呼ばれていて、それぞれの最終バージョンは以下の通り。4系:4.1.6、5系:5.5.13.1

7でiText.NETと改名されて、現時点の最新バージョンは7.1.16。2021/7/11現在。
itext7、iText for.NETとも呼ばれている。
VisualSudioのNuGetから7を入手してみたところ、モジュールが細分化されていた。
5までであればitextsharp.dllが1本あるだけだったが、7ではitext.io.dll、itext.kernel.dll、itext.layout.dllなど9つのdllに分かれていた。また、itext7をインストールすることによって他のパッケージ(Common.Logging、Common.Logging.Core、Microsoft.CSharp、Portable.BouncyCastle)が入ってくる。使う機能ごとにdllが細分化されているということ。

ライセンスについて。
4までは商用利用であっても自由に使えるのに対して、5以降ではそうではない。自分のプログラムのソースを公開するか、もしく商用ライセンスを買う必要あり。ソースコードの公開ってどうすればいいのだろう?要求に応じて要求者に渡せばいいのか、GitHubなんかに登録するのか。後者でやるのが有力なのかね。商用ライセンスを買うっていくらぐらいなのか?具体的な金額はネットに落ちていなかった。今後、このあたりをはっきりしていみたいところだ。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

VisualStudioのアイコンエディタはクソで、Paint.NETが素晴らしいじゃん

アプリケーションエンジニアならicoファイルを自由自在に作れるかっていうとそうでもなくて、今までだましだまし適当に作っていた。Photoshopなんかで画像を作るとこまではいいんだけど、それをVisu …

no image

マルチスレッド

ついに出来ました。 マルチスレッド技術を利用した画期的機能が。 って、そんな大したものではありません。 スレッド化技術は、この時代当たり前になりつつありますが、 なかなか難しそうで、手をつけてませんで …

コマンドラインからパラメータを指定すればテキスト抽出や画像変換ができるPDFアレコレを公開

exeがパラメータを受け取って、GUI操作でできていることをCUI操作でやってやろうじゃないかという企画。以下の記事を書いたのが1週間前。ここまで設計したなら実装しなきゃいかんということで、ヒマな週末 …

no image

MultiByte と WideChar

文字コードは、やっかいなもの。 以下の2つの関数は、知ってるようでよく知らなかったって話。 MultiByteToWideChar( ) WideCharToMultiByte( ) UNIコードの変 …

no image

円周率

3.1415926535…。私が記憶しているのはここまでです。スーパーコンピュータを使って数億桁まで計算、なんてニュースをよく聞きますね。コンピュータの性能向上とアルゴリズムの工夫に対する …