CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

いたちごっこ3

投稿日:

開発者の考えた対策は空しく敗れ、3度目の戦いが始まるところから話は始まります。

●3度目のクラック

開発者の考えたトラップに、クラッカーは見事に”はまって”くれました。でも、依頼者には効きません。最初のクラック結果を依頼者が見た後、「見た目上の動作は正しいけど成果物が空になってしまいます。」という投稿をしたのです。よく考えてみなくても当たり前のことでした。次のクラッカーの投稿は、火を見るよりも明らかでした。10箇所のバイナリ編集ポイントを記した、見事なクラック結果です。そのクラッカー曰く、

「あれ、前解析のパッチが対策されて、とうとうイタチごっこになったようだ。ソフト会社はここをチェックしてるな。しばらくしたら消すか。」

●いたちごっこ

ソフト開発者は、この言葉が頭を離れませんでした。開発者としての誇りを汚され黙って見ていられない反面、どう対策したらいいのかわからず苦悩していたのです。

●対策

バイナリ編集されたら、ソフトが正しい動作をしないようにしたらどうか、と考えました。EXEファイルを1バイトずつの数値としてファイルサイズ分読んで、その数値全部の和をキー数値としてあらかじめ調べておく。ソフト実行時にプログラム中でキー数値を求めて、最初に調べた値と違っていたら、正しい動作をさせない。というものです。CRCチェックみたいなもので、ウイルス感染対策にもなりそうだな、と開発者は考えました。

でも、キー数値が一致しているかどうかを行っている場所をつきとめられてしまったら、そこをスキップされてしまうわけで、元も子もないのです。

いっそのこと、編集ポイントが1000箇所ぐらいになるようにチェックポイントを多数設けたらどうだろうか。でもソースが複雑になってメンテナンスが大変だし、美しくないソースを作りたくはないし、原始的すぎるし。

試用版の機能削減しかないか、と開発者は考えてます。試用版は製品版と同様の機能を使えるというのが、開発者のこだわりだったのですが、そうとばかりも言ってられません。

今、開発者は悩んでます。傍観するか、対策を打つか、試用版の機能を削減するか。機会があったら、この続きを書きたいと思います。

おわり

-ソフト開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

CADツール第2弾

 PMツールに続いてのCADツール第2弾を思いつきました。今まで、いくつかの企画があり、手をつけたものもあるのですが、いまいち乗り気にならなくてポシャってました。シリーズものとして継続したいところなの …

no image

ベクタープロレジ大賞

Vectorがやってる、もっとも人気のあったダウンロードソフトを決める賞です。 Vectorと言えば、フリーウェアやシェアウェアをダウンロードできるところで一番有名なところです。窓の杜というところもあ …

no image

KB2538242

また、VC2005再頒布可能パッケージの新しいものが出た。 昨日のWindowsUpdateでそれっぽいのが出てきたから、 もしやと思ったらビンゴだった。 Microsoft Visual C++ 2 …

no image

VisualStudio2005

帰国後の1週間を乗り切った。 バカンスモードの体からビジネスモードに切り替えるのは、 なかなか厳しかったが、この1週間で徐々に慣れてきた。 夢のような南国リゾートとは違い、現実世界は厳しい。 さて、V …

no image

SE

妻に勧められて、この本を呼んでみました。 SEのフシギな生態―失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条 作者: きたみ りゅうじ 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2005/12 メディア: 文庫 一言 …