CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ラーメン

味噌一

投稿日:

寒い寒い3連休が終わろうとしている。

ラーメン博物館に勝る思い出をつくりに、

ちょいと足を伸ばして、新規開拓に向かった。

昼は極力麺類と決めている我々にとって、

ラーメンを食べに行くのは日常だが、

臆病で出不精でもあるため、

新規開拓に出かけるのはめずらしい。

味噌一

味噌ラーメン専門店というのは斬新だ。

なによりもうれしいのは、辛さにこだわっていることだ。

辛さのレベルは4段階。ノーマル、ピリ辛、火吹、爆発。

辛い味噌ラーメンを愛する我々にとって、

運命の出会いだったかもしれない。

都内に10店舗あるとのこと。

時間は昼の12時ちょい過ぎ。

店の前は閑散としていて、人通りも少ない。

行列はしていないだろうとは思っていたが、

あまり人気がないのかと気が抜けた。

しかし、店内に入ってみたら席は満席。

ふむふむ、それなりに流行っているだ。

いきなり最高レベルの辛さである「爆発」に挑戦するのは、

ただの辛さバカだと自分を戒め、「火吹」とする。

火吹 750円

もやし 100円

色は燃えるような赤で、粘度が高そう。

もやしの白さによって、いいバランスをかもし出している。

一口食べて、辛さに驚く。

普段食べているラーメンの中では最高レベルの辛さだ。

ゴマのまろやかさと唐辛子の激烈な辛さが、

絶妙にマッチしていた。

炒めた玉ねぎとにんじん、コーンにわかめ。

少し札幌ラーメン的な雰囲気を感じた。

自分の許容範囲の辛さを、少し超えていた。

この「少し」が、今回の勝因だったろうか。

辛さの中に深みのあるスープに魅せられ、

あと一口あと一口の積み重ねにより、

スープを飲み干し、完食!

「ごま」がいい仕事をしているようだ。

最高レベルの「爆発」は食べないほうがよい。

我々にとっては、このレベルの辛さが最適であり、

この上では、うまさを感じられないだろうと、

帰りの車中で、2人の意見が一致した。

家からの距離で言えば、ちと遠いが、

月に一度は行きたいと思える店だ。

いい店を見つけた。

CAD日記あらためラーメン日記とするかね。

-ラーメン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ラーメン博物館

去年の話(2007.12.16)。 クサクサした気持ちを解消するために向かったのは、新横浜。 1年ほど前に行ったことのあるラーメン博物館。 ETCを付けたことだし第三京浜を突っ走れば、短時間で着く場所 …

no image

宇宙一辛い

辛いラーメンを求めて遠征してきた。 宇宙一辛い味噌ラーメン「ほたる」。 京王新線初台駅近くのやぐら亭。 会社の友人に紹介された店で、 先日オペラシティーに行ったときに寄ってくるつもりであったが、 時間 …

ラーメン博物館行くなら朝飯抜いて、朝昼兼用のメシとすべし!

ラーメン大好き小泉さんなるフジテレビのドラマを土曜に見た関係でラーメン熱が上がったため、翌日曜の朝から昼にかけてラーメン博物館に行ってきた記録。めずらしく9時まで眠ってしまい、風呂入って歯みがいて家を …

ラーメン博物館で長く営業している店は「こむらさき」「支那そばや」「すみれ」だった

ラー博の歴史に載っている35軒の店について、どれだけの期間営業を続けているのかを整理したのが以下の一覧。 こむらさきは94年3月のラー博開業時からずーっとやっているからダントツの1位。 支那そばやは、 …

no image

ラー博

3連休の初日、天気予報では雪が降ると伝えられた寒い日だった。 朝11時に家を出て向かったのは、おなじみラーメン博物館。 前回行ったときに赤い悪魔達による大混雑だったおかげで、 無料招待券を入手していた …

PREV
ラー博
NEXT
2008寸法