CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ラーメン

味噌一

投稿日:

寒い寒い3連休が終わろうとしている。

ラーメン博物館に勝る思い出をつくりに、

ちょいと足を伸ばして、新規開拓に向かった。

昼は極力麺類と決めている我々にとって、

ラーメンを食べに行くのは日常だが、

臆病で出不精でもあるため、

新規開拓に出かけるのはめずらしい。

味噌一

味噌ラーメン専門店というのは斬新だ。

なによりもうれしいのは、辛さにこだわっていることだ。

辛さのレベルは4段階。ノーマル、ピリ辛、火吹、爆発。

辛い味噌ラーメンを愛する我々にとって、

運命の出会いだったかもしれない。

都内に10店舗あるとのこと。

時間は昼の12時ちょい過ぎ。

店の前は閑散としていて、人通りも少ない。

行列はしていないだろうとは思っていたが、

あまり人気がないのかと気が抜けた。

しかし、店内に入ってみたら席は満席。

ふむふむ、それなりに流行っているだ。

いきなり最高レベルの辛さである「爆発」に挑戦するのは、

ただの辛さバカだと自分を戒め、「火吹」とする。

火吹 750円

もやし 100円

色は燃えるような赤で、粘度が高そう。

もやしの白さによって、いいバランスをかもし出している。

一口食べて、辛さに驚く。

普段食べているラーメンの中では最高レベルの辛さだ。

ゴマのまろやかさと唐辛子の激烈な辛さが、

絶妙にマッチしていた。

炒めた玉ねぎとにんじん、コーンにわかめ。

少し札幌ラーメン的な雰囲気を感じた。

自分の許容範囲の辛さを、少し超えていた。

この「少し」が、今回の勝因だったろうか。

辛さの中に深みのあるスープに魅せられ、

あと一口あと一口の積み重ねにより、

スープを飲み干し、完食!

「ごま」がいい仕事をしているようだ。

最高レベルの「爆発」は食べないほうがよい。

我々にとっては、このレベルの辛さが最適であり、

この上では、うまさを感じられないだろうと、

帰りの車中で、2人の意見が一致した。

家からの距離で言えば、ちと遠いが、

月に一度は行きたいと思える店だ。

いい店を見つけた。

CAD日記あらためラーメン日記とするかね。

-ラーメン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ラーメン3

まことやのからいラーメン。 もやしトッピングが重要。 おいらの辛味噌ラーメンの原点。 久しぶりに食べた。 食べ終わった後に、少し物足りないなと思わせる量なのは、 よく考えたら理想的な量なのかと考える。 …

no image

東池袋

経堂の大勝軒がなくなってから、はや9ヵ月。 あの味を求めて、ようやく、やってきた、東池袋。 店頭にいたおじいさんが印象に残った。 何だかよくわからないなりに、店の関係者なんだと思ったけれども、 ぜんぜ …

no image

大激辛

高島屋に買い物に行った。 近くのラーメン屋の前を通りがかったら、 こんな看板が。 その名も大激辛(だいげきしん)。 辛いラーメンに目がない我々としては、素通りするわけにはいかなかった。 後で後悔すると …

no image

辛みそタンメン

今週は近場のラーメン屋を再訪。 環八沿いのみそ一発2 ちなみに、店名に2と付いているということは1があるのだろうと思って調べたら、 環七沿いの高円寺あたりにあるとのことだった。 この店では、辛みそタン …

no image

つけめん

ラーメン、つけめん、僕イケメン。 狩野英孝の持ちネタが頭をよぎる。 我が地元にも、つけめんの波がやってきた。 三ツ矢堂製麺。 隣の駅の駅前は一等地。 辛しつけめん880円。中盛り(1.5玉375g)。 …

PREV
ラー博
NEXT
2008寸法