CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

CAD全般

ChromeでCADデータをビューイングする方法

投稿日:

IE11のサポートがあと1年なんてニュースが出て、ActiveXを使ったCADビューア(デスクトップアプリ)をどうしようかという課題が極大化した。単にやめちゃえばいいという話でもあるが、代わりを用意してやるという前向きな提案もできそう。

IEで表示したWebページ内のAutoCAD図面(dxfやdwg)をクリックしたら、Windowsマシンにインストールしたデスクトップアプリをキックして動かしている。Webサーバー上にあるCADファイルをローカルにダウンロードすること、そのファイルを開くためにデスクトップアプリを起動すること。これができるのはActiveXだけしかない。いずれもイマドキのブラウザ(実質Chromeの一択)ではできまへん。セキュリティが強化されたHTML5の世界では制約がいろいろあるってこと。

svgかcanvas。svgはずいぶん昔からある技術で、XML的にベクトルデータを表現できる。canvasはHTML5の描画エンジン(お絵描きツールという側面もあり)。svgのほうが動作が軽そうでCADデータとの相性はよさそう。canvasはラスター形式の描画だから、ちと用途が違うのかな。ローカルファイルをアップロードするのはHTML5のFile APIでイケそうだし、そもそもWebサーバーにあるCADファイルを相手にするならそんな必要もない。

CADデータの解析はお手の物。解析結果の図形データをsvgまたはcanvasの描画処理に流しこんでやれば、CADデータのビューイングができる。読み込んだ後に、拡大・縮小することを考えるとGDI的な処理ができるcanvasのほうがいいかも。

そんなWebサイトができたら、そのエッセンスをChrome拡張としてまとめる。さすれば、Chrome拡張機能だけでCADビューアができちゃうってこと。こういった発想の製品がすでにあるのかと思ったら、海外製品でちょいとあった程度で国内的にはなかった。チャンスかも。。canvasベースで、CADデータの中の線と円と円弧だけを描画するサイトを作ってみよう。

-CAD全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Autodesk Design Innovation Forum 2010

毎年恒例、Autodeskのイベントに参加してきた。 昨年まではSolution Dayで、今年はDesign Innovation Forum。 セミナーの内容が大きく変わっていた。 例年ならセミナ …

no image

SolidWorksのバージョン

SolidWorksのバージョン履歴とリリース時期について 調べる機会があったので、ここにまとめておく。 AppVer. Date SolidWorks2008 2007/09/11 SolidWor …

CAD利用技術者試験に合格しよう(1)

CAD利用技術者試験、2次元、基礎について受験して合格。 基礎なんて受けなくてもよかったんだけど、IBT(Internet Based Testing)方式での受験に興味があったので、4400円払って …

no image

RootPro CAD

DJのころから注目していたCAD。 RootPro CAD。 フリーのCADとしては知名度が高く(Jw_cadにはかなわないが)、 玄人受けしそうなソフトだ。 > Root = 本質、基礎、根本 > …

no image

設計・製造ソリューション展、再び

去年も行った設計・製造ソリューション展に、今年も行ってきた。 去年の記事 会社を1時に出て飯食って、ビックサイトについたのが2時半くらい。 それから5時半まで見学したから、3時間か。自分にしてはよーく …