CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

家のPC環境

メモリ増設、その後

投稿日:2008年5月9日 更新日:

あまったメモリを使って別マシンに4GB環境を作り、
64ビットOSをインストールしてどうなるかと、
想像をめぐらしていたのが前回の話
やるべきことを遅らせてまでこの案件を優先して、ついに着手した。
結論から言っておく。
4GBを認識せずに、3.5GBにとどまった。
この問題にけりをつけ、夜は安らかに眠りたいところだったが、
そうは問屋が卸さなかった。
以下2つのOSをインストールして試した。
・Windows XP Professional x64 Edition
・Windos Vista Business x64 Edition
いずれも4GBを認識することはなかった。
調査の結果、チップセットの制限が浮上した。
>インテルの945 Express以前のチップセットではメモリー管理の仕様上から、
>4GB載せても3.5GB程度までしかBIOS上で認識しない。
>0.5GB分のメモリーは“ないもの”として扱われるため、まるっきり無駄になってしまう。
>だが、P965 Express以降の最新チップセットの場合は、4本のメモリースロットを
>全部使って最高8GBまで認識される(ローエンドPC向けのP31/G31 Express
>チップセットは4GBまでとなる)。
(ASCIIの特集記事「アキバで恥をかかないための最新パーツ事情【メモリ/HDD編】」から引用)
対象マシンのスペック表をみたら、チップセット:945G Expressだった。
バッチリ制限に引っかかっている。
OSの制限を越えた先には、チップセットの制限があったとは。
うむむむ....。
ふと思いついた。
おいらのメインPCは、メモリ4GB実装されている。
(先日購入した妻のPCからはじき出されたメモリを増設したので。)
メインOSはXP32ビットで、別パーテションにはVista32ビットがインストールされている。
Vistaは興味本位で入れただけなので、消しても問題ない。
Vista64ビットに載せ代えてみよう。
チップセットは、Intel 975X。
制限クリア!
どうせだったら、Ultimateの64ビットでも入れてみようと思う。
さらに、2GB×4のDIMMを買ってきて至福の8GBに挑戦しようか。
たった2万円の投資で実現する話だ(いやいや、それは時期早々か)。
転んでもただは起きない!
受領は倒るる所に土をつかめ。
さてさて、安らかな眠りにつける日はやってくるのだろうか。
続く。

-家のPC環境
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Galleria

やってきました、NewPC。 青く光っているのは、USB3.0の口。 スコアは最高7.9のところ、7.3はスゴい。 主なスペックは以下の通り。 CPU:Core i7-2600K CPUファン:高性能 …

no image

壊れMac、その後

 先日、修理に出した壊れたMacが戻ってきました。火曜日の夕方に宅急便のおじさんが取りに来て、金曜日の夜に同じおじさんが持ってきました。Appleの対応は早いです。  結果は、HDD破損で交換、増設メ …

VMwareでP2Vをやった記録

P2VとはPhysical to Virtualを意味していて、ようするに物理を仮想にするって意味。これまで新たに仮想マシンを作ったことは何もあるが、物理マシンを仮想マシンに移行させるってことはやった …

no image

HDDからSSDへの換装完了

やっぱSSDは、はぇー。 ベースとなるWindows 10がすぐに起動し超サクサク動くことはもちろん、 VMwareで入れているWindows 7だってサクサク動きやがる。 これでこそ新しいPCを買っ …

WinSATによるマシンのパフォーマンス測定

マシンを変えたなら、どんなもんのマシンパフォーマンスになっているかを測定したくなるもの。 PCのパフォーマンス測定方法【Windows10】 Windows 7の時代はもっと手軽にこの画面を出せたが、 …

PREV
アイナメ
NEXT
屍鬼