CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

屍鬼

投稿日:2008年5月10日 更新日:

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 文庫

文庫版全5巻を完読。
1巻につき約500ページなので、合計2500ページの大作。
妻に何度か奨められていて、5ページほど読んだことはあった。
登場人物が書いている小説の文体になじめず、
こんなのを5巻ぶんも読めんと投げ出していた。
(小説の登場人物が作中で小説を書いている。)
理屈っぽくて、精神的、宗教的、哲学的で、
ひたすら長い文章には辟易した。
文中では太字で表現されるこの小説だが、
たびたび出てきて、物語の核となるわけだけれども。
何とか100ページほど読んだら、もう止まることはなかった。
寝る前と通勤中に読み続け、1ヶ月後に読了した。
Wikipediaで振り返ってみた。
なんと登場人物が150人を超えているそうだ。
それぞれの説明を読んで、ああこんな人もいたっけなぁと思い出した。
登場人物の中では、静信と敏夫の構図がおもしろい。
おいらてきには、敏夫を絶対的に支持し、
静信はわけわからんやつと考える。
この本は、ゾンビものというくくりに入るだろう。
吸血鬼ものとも言える。
少し前にみた、インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
頭に残っていたので、読んでいて思い出したりした。
沙子とクルクル髪少女(キルスティン・ダンスト)が、
頭の中で少しリンクした。
傑作と言っていいだろう。
過去5年間に読んだ本の中で3本の指に入る。
文庫のあとがきで宮部みゆきも絶賛していた。
ぜひ、単行本を買ったほうがいいと奨めていた。
この作品の重みを感じるには単行本のほうがよいと。
やや商業的な意図を感じた。
ジャンプスクエアで漫画化されているようだ。
直感的に読んでみたいと思ったが、登場人物の絵をみた瞬間に気持ちが萎えた。
漫画を読む年代でもないからな。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

南アフリカ

「第9地区」「インビクタス」。 TSUTAYAの新作コーナーでたまたま手にした2本。 ともに南アフリカを舞台としたもので、差別社会を描いていた。 アパルトヘイトって何だったのか。 人種隔離政策であり、 …

no image

歴史小説

徳川家康〈1 出生乱離の巻〉 作者: 山岡 荘八 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1987/10 メディア: 文庫  一時期、この手の歴史小説にはまっていました。徳川家康は全26巻なので、大長編 …

no image

はなだん

花より男子(だんご)。 本日、映画「花より男子ファイナル」が封切り。 昨晩10時に放送された特別編は、見させられた。 スミノフウォッカによる心地よい眠気を払いのけ、おっかけ再生された 1時間番組をなん …

no image

蛙男

蛙男 (幻冬舎文庫) 作者: 清水 義範 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2002/04 メディア: 文庫 言いようのない怖い作品だ。 救いのないエンディング。 信じられないことが自分の身に起こ …

REC2と4をNetFlixでみた

ゾンビものとしては異色で、全編ビデオカメラを用いた主観撮影している。スペイン映画というのも興味深くて、ハリウッドでリメイクされるもオリジナル版のほうがダンゼン評判が高かった。1が日本で公開されたのが2 …