CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

仕事

新人のころ

投稿日:

入社して丸16年が経過した。
短かったようで長かったようで...。
今、仕事が一段落して、昔のことを振り返る余裕ができた。
SE職で就職したのに、1年間営業職をやらされた。
営業研修があるとは聞いていたが、まさか1年もあるとは。
入社して半年間は、研修に明け暮れていた。
電話の受け答えなどのビジネス研修や、WindowsやMacで実機研修、
COBOLやVBを使ったプログラム研修。
ここで基礎を学んで、きっちりとした土台ができたかと思う。
さて、営業研修ということになり、長くても半年くらいかと思っていたら、
1年という発表があり、SE採用の新人全員を驚愕させた。
一個上の先輩が1年の営業研修をやったらしい、という情報があったので、
薄々わかっていたことではあるけれども。
ちなみに、一個下の後輩は半年になり、その2、3年後には営業研修
そのものがなくなった。
1年間営業をやるということは、その時点ですでに研修ではない。
年間レースにエントリーされ、ノルマが発生して、日々の重圧がかかる。
新人なので、たいていの場合、顧客を持たされることはない。
自分で新しいユーザーを捕まえてきて、日々の数字をつくる。
自分の担当テリトリー内の会社を、かたっぱしから訪問する。
もちろん、1人で。
購入権限を持つ担当者に会えることはまれなことであり、
たいていは門前払いを食う。
そんな状態で売れるわけもなく、苦しさに耐えられずに
やめていく同期がけっこうな数いた。
1年後のSE配属だけが希望だった。
営業研修中のトレーナーは、SE入社で営業をやっていた。
とっくにSE配属されていてよいはずなのに。
そう、営業研修中に上司から説得されて、営業職にとどまったのだ。
正直、いい先輩ではなかった。
上にはいい顔して下には厳しい、という典型的タイプだ。
当時を思い出すと腹が立ってくるくらいだ。
おいらも、営業をやってみないかという話をされたが、絶対的に拒否した。
その先輩のようになりたくなかったし、営業の才能はないと思ったからだ。
同期の中の約1/4くらいが、説得されて営業としてとどまった。
なかには営業の才能があって、その後いい成績を残したものもいるだろう。
しかし、思う。
きっと、管理職にとっては頭数をそろえて、目先の売り上げを少しでも
伸ばしたかったのだろうと。
営業職の離職率を考えると、その背景がよくわかる。
「君は営業に向いているね」とおだてておいて、残らせるというわけだ。
SE採用の同期は、半分にまで減っていた。
今日で営業研修が終わりという日、仕事を終えて夜遅くに
地元の駅から駐輪場へ向かう道を1人で歩きながら、
限りなく湧き上がる開放感をかみしめたことが忘れられない。
苦しみは終わった、やったー、やったーと唱え続けた。
その後の、SE職が楽だったわけではない。
いやな上司や先輩はいたし、日々の苦労は絶えなかった。
しかし、人には耐えられる苦労と耐えられない苦労がある。
技術力を身に付けられる喜びがあるので、がんばれた。
一歩一歩階段を登って、今の地位にたどりついた。
ふと思う。
長い営業研修で学んだことは大きかった。
技術力一辺倒のSEではなく、人間らしさも兼ね備えられた。
ビジネスマナーの実践、社交力、会話力、プレゼン能力、営業的観点など。
そう考えると、長く苦しかった営業研修も無駄ではなかった。
今の自分を形づくった、かけがえのない経験だったと言い切れる。
社会人としての人生は、まだ先が長い。
あと20年くらいは働き続けるわけで、そう考えるとうんざりしてくるけれど、
いろいろ経験して、この先の階段を登っていきたい。

-仕事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Gくんはその後どうなったかなんて同僚から聞かれたからありのままにレポートしてみる

その同僚は社畜で、なんだかわかったフーなことを言うのが得意だ。後輩だけど、いつの間にやら、役職は一つ上になっていて、日々苦しそうで悲しそうで、不健康自慢をしてくるタイプの人間。おいらは健康な部類な人間 …

no image

言い忘れたことは歯医者にまた行かなければならないことと妻の社畜っぷりはまだ続くということ

社内試験も終わったし、日曜の平和な夜は西郷(せご)どんの放送が終わる21時で終わるはずだったのだが、それを1時間半も過ぎてなお、こんなクソブログを書いていることからもまだ我々の1週間が終わっていなかっ …

no image

Web本棚で情報共有

以下、社内のアイデア公募に提出したもの。 箸にも棒にもかからなくて、ホッとしたような残念なような。 個人的には、実現したら画期的だと考えていて、いつか やってみようとゆるく心に誓っているので、ここに残 …

no image

Suicaと定期券

ついに、Suicaと定期券が合体した。 小田急線とJRの乗り継ぎ。 今までは、磁気カードの定期券を利用していた。 近頃のJRの駅は、Suica専用改札なんていうのがあって、 磁気カード利用者を排除して …

no image

社内の若者にも少し目を向けて酒とメシをふるまってみた

若者ったって、おいらの一回り下だから32歳のアラサー独身男だ。もうすぐ入社10年になる「人のいい」ヤツだ。人がいいから、そこに付け込まれて、上からオニのように仕事を振られて社畜ぎみになっている。何がい …