CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

PMサーバー版リリース

投稿日:2010年6月6日 更新日:

PMサーバー版
ペーパーモデル化ツールサーバー版の宣伝。
詳しくは、kensetsu21のこちらのサイト(PDF)をご覧あれ。
クライアントは、サーバー上の共有フォルダにファイルを
ドラッグ&ドロップするだけ。
サーバー側では共有フォルダを常に監視しており、
ファイルが放り込まれたことをリアルタイムで検知して変換を開始、
変換結果は別の共有フォルダに作成する。
サーバーへのセットアップは、共有フォルダ作成や
変換設定を行う必要がある分、それなりにやっかいだが、
クライアントは共有フォルダが見れさえすればよく、
アプリのインストールは不要。
まだ価格が公開されておらず、正直おいらも知らない(忘れた)が、
通常版5万円よりは格段に高いものになるであろう。
レイアウトが使用されたAutoCAD図面をモデル空間に
変換する必要がある人が5人以上いる企業が対象と考えれば、
その程度の価格設定になるであろう。
サーバー版のアイコンは、Ver3の一部をすげ替えただけ。
3をSVに変えただけでおもしろみがない。
時間があれば凝ったものを作ったのだが、いかんせん
急遽決まった企画だったので仕方ない。
歴代PMツールのアイコンを並べてみる。
本物は32×32だが、特別に110×110で拡大して載せてみた。
pm pm2 pm3
もしVer4が出るようなことがあれば、おいらのデザインセンスを
駆使して、立派なアイコンを作ることを心に誓っておく。(軽く)

-ソフト開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

WM_TIMER

MFCで時間を扱うための基本的なメッセージ。 プログラムの10年以上やってるけど、今まで必要なかった。 必要性を感じて調べたら、けっこうおもしれぇ。 データ変換に要している時間を、ダイアログボックス内 …

no image

受託開発

パッケージソフトの開発にメンバーとして関わって10年、そこそこの売り上げを継続でき、よい結果を出していると思います。ここ最近、少しジリ貧なので、ちょっと厳しいですけど、それはともかく... 近頃、受託 …

no image

家で仕事

そもそも家でパソコンを買ったのは、仕事をするためだ。 う~ん、仕事とも言えるけど仕事とも言えない感じがする。 ドスパラのPrime、22万円なり。 結構な投資だったけど、後悔はしてない。 今、そのNe …

no image

Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable

C言語のプラグラマなもんで、MFCなんていう今や時代遅れなプラットフォームを使っている。VC6の時代は長かったが、その後VC8(VS2005)に上げて

PDFアレコレをコマンドラインから実行できるようにするための設計

PDFアレコレ起動時のパラメータを受け取って、アレコレの操作をコマンドラインから実行できるようにするプランを考えた。 これによって、UI操作なしで大量のPDFファイルに対して一括でアレコレの操作が可能 …