CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

コンピュータ全般

アプリの64bit化

投稿日:

アプリの64bitアプリ化が進んでいる。
メリットを以下で整理してみる。
1.実装メモリーを無駄なく使用できて、大きいファイル(特に画像ファイル)を
 扱うときに、メモリー不足による動作制限がほぼなくなる
2.64bit OSで32bitアプリを動作させるためのオーバーヘッドがなくなり、
 多少速くなるらしい
3.なんだかスゴいらしいという評判を得ることができる
これを得るためには、プログラムに手を入れる必要がある。
VisualStudioの構成マネージャーでx64をつくって、ビルドすることから
始めるわけだが、すんなりとビルドが通ることはない。
1.ポインタが64bitになったため、ポインタをint・long・DWORDなどに
 キャストしている箇所を、INT_PTR,UINT_PTRに変更する
2.LPARAMが64bitになったため、LPARAMの代わりにLONGを
 使っている場合はLPARAMに変更する
3.WIN32で分岐処理している箇所があれば、WIN64でも有効に
 なるようにし、またWIN64での分岐処理が必要なところもある
普通の関数で実装しているところは問題なくビルドできるが、
Window回りのクラスについてはビルドを通すのに苦労する。
※VisualStudio環境での話
リンクしている外部ライブラリは、64bit版に変更する必要がある。
もし外部ライブラリに64bit版が存在しなければ、その機能を
あきらめるしかない。
たいていのものは存在するが、UNLHA32.dllは名前が示す通り
64bit版がない。
でも、いまどきLZHの圧縮解凍を行わないので機能がなくなっても
問題ないだろう。
32bitアプリと64bitアプリは、同一ソースで実現できる。
ビルド単位を分けてそれぞれビルドすれば、別のバイナリが
出来上がる。
32bitアプリは、32bitOSと64bitOSいずれでも動くが、
64bitアプリは、64bitOSでしか動かない。
速度についてはあまり期待しないほうがよい。
おいらの計測結果では、64bitアプリが32bitアプリよりも
数パーセント程度速くなっただけだった。

-コンピュータ全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

PDF比較

PDFを比較して、どこがどう違うかを確認したいときがあるんだけど、 何か便利なツールはないでしょうか? という要求に応えるべく、4つの製品についての調査を実施した。 1.Word  WordでPDF比 …

no image

NetMeeting

リモートデスクトップ共有についてです。とりたてて新しい技術ではありませんが、非常に有効な機能なので紹介したいと思います。サーバールームや遠い席にあるマシンの操作を自席にいながら可能にするものです。Wi …

no image

niftyのメールアドレスはもう使わないと決意したがこれがなかなかたいへんだ

2008年にこんな記事を書いていた。10年後の今でもメインのメールアドレスとしてniftyを使っていたが、ここらで本気で移行しようと決意した。gmailに移行する。当時もgmailはあったがフリーメー …

no image

OpenPNE

誰もが無料で自由に利用できるオープンソースのSNSソフトウエア OpenPNE(オープンピーネ) こいつはいけるかもしれない。 企業内、あるいは社外のグループで情報共有できるシステムを探していたのだ。 …

no image

新元号になったら【㍻】のような合字が文字コードとして追加される

新元号に切り替わるのは来年2019年の5月1日で決定。あと1年ちょいで変わるのですなぁ。おいらは平成5年に入社したから平成5期なんて言われていて、平成は31年で終わるわけだから、社会人26年を平成とと …