CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

コンピュータ全般

アプリの64bit化

投稿日:

アプリの64bitアプリ化が進んでいる。
メリットを以下で整理してみる。
1.実装メモリーを無駄なく使用できて、大きいファイル(特に画像ファイル)を
 扱うときに、メモリー不足による動作制限がほぼなくなる
2.64bit OSで32bitアプリを動作させるためのオーバーヘッドがなくなり、
 多少速くなるらしい
3.なんだかスゴいらしいという評判を得ることができる
これを得るためには、プログラムに手を入れる必要がある。
VisualStudioの構成マネージャーでx64をつくって、ビルドすることから
始めるわけだが、すんなりとビルドが通ることはない。
1.ポインタが64bitになったため、ポインタをint・long・DWORDなどに
 キャストしている箇所を、INT_PTR,UINT_PTRに変更する
2.LPARAMが64bitになったため、LPARAMの代わりにLONGを
 使っている場合はLPARAMに変更する
3.WIN32で分岐処理している箇所があれば、WIN64でも有効に
 なるようにし、またWIN64での分岐処理が必要なところもある
普通の関数で実装しているところは問題なくビルドできるが、
Window回りのクラスについてはビルドを通すのに苦労する。
※VisualStudio環境での話
リンクしている外部ライブラリは、64bit版に変更する必要がある。
もし外部ライブラリに64bit版が存在しなければ、その機能を
あきらめるしかない。
たいていのものは存在するが、UNLHA32.dllは名前が示す通り
64bit版がない。
でも、いまどきLZHの圧縮解凍を行わないので機能がなくなっても
問題ないだろう。
32bitアプリと64bitアプリは、同一ソースで実現できる。
ビルド単位を分けてそれぞれビルドすれば、別のバイナリが
出来上がる。
32bitアプリは、32bitOSと64bitOSいずれでも動くが、
64bitアプリは、64bitOSでしか動かない。
速度についてはあまり期待しないほうがよい。
おいらの計測結果では、64bitアプリが32bitアプリよりも
数パーセント程度速くなっただけだった。

-コンピュータ全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Excelの共有ブック

Excelファイルをネットワーク上において、複数人で共有することはよくある。 一人が開いていると、他の人は読み取り専用でしか開けない。 仕方ないから、通知ボタンを押してその誰かの編集が終わるのをひたす …

no image

PCの時刻2

前回書いたワークグループ環境での時刻合わせに続いて、 ドメイン環境でのPC時刻合わせについて書いてみる。 情報ソースはこちら。 Active Directory 環境における時刻同期 by @IT 自 …

no image

辞書破損

会社のPCで日本語変換がおかしくなったのは2日ほど前からだった。 あたらしい→阿多らしい ありがとうございます→ありがとうございmas なんて具合で、どうなっちゃたのって感じだった。 軽くググったら、 …

no image

プログ感想

どんな情報をどういうタイミングで書くかに関して、迷いがありました。限られた世界での情報発信はこれまでもやっていたのですが、しょせん狭い世界です。もう少し広い領域で、自分の知識を発信し、さらに情報取得も …

no image

小容量USBメモリ

フロッピーディスクに替わるメディアがなくて困っている。 書き込み可能、安価、配布することが可能なもの。 パソコンに必ず着いているインターフェースと言えば、USBポート。 ということで、USBメモリが一 …