CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ラーメン

新幹線で行くラーメン博物館でラーメンの鬼が残した仕事に会える

投稿日:

自宅から浜松町駅まで徒歩5分。浜松町駅から品川まで山手線で2駅で徒歩5分。品川から新横浜までは新幹線で11分。新横浜からラーメン博物館までは徒歩5分。合わせて26分に、プラスアルファ10分(浜松町駅で待ち2分+品川駅で待ち6分+新横浜で新幹線降りてから駅入り口まで徒歩2分)を足すと36分。ドアツードアでたった36分でラーメン博物館に行けることがわかった。

東海道新幹線はキップが不要なこともわかった。スマートEXを使えば、スマホからの予約とSUICAでの改札タッチで済む。品川から新横浜までの新幹線料金1270円はやや高いとも思うが、在来線で33分かかるのが新幹線ならその1/3の11分で済む。在来線が464円と新幹線代の1/3で済むわけだが、これぞまさに金で時間を買うってやつで、我々のライフスタイルに合っている。毎年2回必ず乗っている東北新幹線はえきネットで予約するまではスマフォでもできて楽だけれども、券売機でキップの発行しなければいけないのが難点。今後の改善を期待したい。

ラーメン博物館は過去に何度もいっているが、すべて車で行っていた。自分の車を手放してからでさえ、レンタカーまたはカーシェアリングで行っていた。車で行くところという思い込みがあった。しかし今回駅からたったの5分で済むことがわかったし、新横浜という比較的へんびな駅には新幹線で行けばよいこともわかり、両者の相乗効果で最短で行くことができたというわけだ。

現地に着いてみたら、入り口に30人くらい並んでいてビビった。初期の頃はすんげぇ混んでいてそれが当たり前と思っていたが、ここ最近はブームが落ち着いた感があって、入場待ちで並ぶなんてことはなかったぞ。日本独自のラーメン文化が盛り上がっているということだろう。ミニ+ノーマルで2杯食うというのが我々の定番。熟慮の末、ミニはげんこつ屋二代目とした。待ち時間10分。さっぱりとした感じで、まぁあんまり印象に残らなかったかな。この中途半端な量のミニをまず食うというのがポイント。物足りなさを持ちつつ、次の本命を食うわけだ。

本命は我々にとって定番の支那そばや。待ち時間30分。伝説のラーメン野郎、佐野実(故人)の店だ。ラーメンの鬼と呼ばれただけあっていい味を出している。佐野実亡き後、弟子が店を引き継いで、相変わらず繁盛していた。いい仕事しているよ。これを食いに、またココにやってくる。

-ラーメン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

味噌一

寒い寒い3連休が終わろうとしている。 ラーメン博物館に勝る思い出をつくりに、 ちょいと足を伸ばして、新規開拓に向かった。 昼は極力麺類と決めている我々にとって、 ラーメンを食べに行くのは日常だが、 臆 …

no image

大激辛

高島屋に買い物に行った。 近くのラーメン屋の前を通りがかったら、 こんな看板が。 その名も大激辛(だいげきしん)。 辛いラーメンに目がない我々としては、素通りするわけにはいかなかった。 後で後悔すると …

no image

辛いもの

●唐醤麺(とうじゃんめん) 近所のラーメン屋の名物。 950円と少々高めだが、十分その価値あり。 醤油味と塩味があり、辛さも指定できる。 「塩で大辛!」これがうちの定番。 この店の近くには、辛いラーメ …

no image

辛いとんこつ

とんこつラーメンは、妻が苦手なのであまり食わないが、 このラーメンはうまかった。 辛いとんこつ850円也。 辛いというのがポイントで、くさみは低減されているのだろうか。 休日の昼は、店の前に人が並んで …

no image

ラーメン博物館

10年ほど前から行こうと思っていた場所、 それが新横浜ラーメン博物館。 確かその当時、たまたま新横浜駅に行く用事があり、 じゃぁ、ラーメン博物館でも行ってみよっか! って、近くまで行ったら、入館待ちで …