CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

清水義範おすすめ3作品

投稿日:

久しぶりに清水義範本を読んだのが、定年後に夫婦仲良く暮らすコツだった。現在70歳で、ペースは落としながらも今なお現役の作家。本を読むのが遅いおいらだが、たった2日で読んでしまった。少し前までは、清水義範の文庫が我が家の本棚に並んでいたものだが、今後は紙の本は読まないと決断して全部捨てた。本棚に残っているおいらの本は少年時代に買った夏目漱石が3冊だけ。今後の読書はKindleで買って読むことにした。

本当なら「バールのようなもの」「蛙男」のような名作をおすすめしたいところだが、電子書籍で出てないものは対象外とする。そうすると、どうしても最近の作品になってしまう。まぁ、そういう意味合いのリストとしてご覧あれ。


短編集。タイトルになっている「蕎麦ときしめん」は、東京と名古屋の食文化の違いをおもしろおかしく書いたもの。関西のうどんは知ってたけど、名古屋ではきしめんがデフォルトとは知らんかったなぁ。清水本の中では最大のベストセラー。パスティーシュとは、過去の有名な著者の作風をマネること。完コピしたら盗作になっちゃうから清水風のアレンジがあるわけで、そこを楽しむのがパスティーシュのおもしろさ。


幕末の会津が舞台の長編。実在しない人物を主人公にして、その周囲に実在する有名人がちらほら出てくるという趣向。時代背景をしっかり書きつつ、実在しない主人公だからこそのオリジナリティある人物描写がおもしろい。幕末から明治維新そしてその後も続く会津藩の厳しい状況をこの作品を読んで始めて知った。読後、幕末に興味が出てきて坂本竜馬や吉田松陰を知りたいと思って読み漁ったくらい。


インドの有名なタージ・マハルという建造物が作られた時代の王朝物語。初代が苦労して一からコツコツと積み上げて権力を得て、それを二代目三代目が引き継いでいくという話。兄弟間の骨肉の争い、先代を容赦なく切り捨てたりと、厳しい厳しい人間模様があるなか、愛する妻のためにタージ・マハルを長い期間をかけてつくる。栄枯盛衰物語。インドにがぜん興味がわいてきたが、実際インドに行ってみるつもりはない。我々にはインドネシアのバリ島がいいところだ。

-本・映画・音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マルちゃんにススめられて観た映画「ディセント」が我々の映画の価値観を変えた

2005年のイギリス映画なんで、13年も前に公開されている。妻の友人のマルちゃん(おいらは会ったことがない)がチョーオススメ作品だということでディセントを見たのはもう10年くらい前だっただろうか。

no image

チャイルドプレイ

「アイムチャッキー」で有名になった映画です。 地味に、5作目がリリースされてます。 TSUTAYA の新作コーナーの10位くらいになっていたので、 そこそこ流通していることは確かです。 結婚して、子供 …

no image

楽園で読んだ本

プールサイドで本を読む。 これが当家にいにしえより伝わるバカンスの過ごし方なり。(うそ) ほんとの話、本はよく読んできた。 だいたい1日1冊ペースってとこかな。 ホテルに着いたら、ベッドのところに並べ …

no image

バガボンド

英語で放浪者のことをバガボンドという。 妻が知人から借りてきたマンガ。 全30巻を読んだ。 まだ続いているので、全てを読み切ったわけではない。 よくある勘違いで、当初バカボンドと読んでいた。 天才バカ …

no image

ホラー映画

ホラー映画好きな我々にマッチした本を読んだ。 妻が見つけてきた本だ。 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 作者: 荒木 飛呂彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2011/06/17 …