CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

定年後に夫婦仲良く暮らすコツ by 清水義範

投稿日:

この本おもしろそう。

清水義範さんは70歳とのことで、まだ現役の作家。そばとキシメンや国語入試問題必勝法なんて、ちょーおもしろい本を書いていたおいらが好きな作家。多作でも知られていて、ちょいと前までは本屋の文庫コーナーに常に平積みにされていたもんだが、今はそんなことない。70歳という年齢だから当たり前だよな。

印象深いフレーズがある。苦しい時代を経て、成功して安定した日常を送っているなか、ある朝目が覚めると苦しい時代に逆戻り。成功した日々を過ごしていたのは全部夢だった。そんな恐怖を表現するのが得意だ。

ってことでKindleで買ってみましょ。久しぶりの清水節、楽しみだなぁ。

-本・映画・音楽

執筆者:


  1. コーイチ より:

    GWが暇なので、ブログ覗いてみました。どうも、52歳のオッサンです。
    清水義範ですかぁ。懐かしいですね。「国語入試問題必勝法」、「永遠のジャック&ベティ」しか読んでないけど面白い小説だなぁと記憶しています。
    最近、小説というか本自体を読まなくなったので、たまには、本でも読んでみるのも良いかもと思ったりしました。

    • com より:

      やっぱ同じ世代ですねぇ。一時期、ブックオフで清水本をあらかた読みつくしましたよ。ボクのおすすめ3冊を紹介しときましょ。
      蕎麦ときしめん
      バールのようなもの
      蛙男

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マルちゃんにススめられて観た映画「ディセント」が我々の映画の価値観を変えた

2005年のイギリス映画なんで、13年も前に公開されている。妻の友人のマルちゃん(おいらは会ったことがない)がチョーオススメ作品だということでディセントを見たのはもう10年くらい前だっただろうか。

no image

This is it

たった2週間しか上映しない、という戦略に乗せられて、 今日マイケルの映画「This is it」を観てきた。 1年ぶりの映画鑑賞は、DMC以来だった。 おいらにとっては大して興味のない人物だが、妻やそ …

no image

読書

DS文学全集を買った。 2800円で、100冊の名作を読めるなら安いものだ。 夏目漱石、芥川龍之介、太宰治、宮沢賢治、森鴎外など そうそうたる顔ぶれだ。 そして、すべてが著者の死後50年経過して著作権 …

no image

正義

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 作者: マイケル・サンデル 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2010/05/22 メディア: 単行本 現時点でもアマゾンのランキン …

no image

猫伝

DS文学全集にて「我輩は猫である」を完読。 通勤の電車内で、ベッドの中で寝る前に。 液晶パネルを見すぎて目が弱ってくるのもかまわず、 夢中になって読み続けた。 たいへん興味深く読ませてもらった。 読後 …