CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

蛙男

投稿日:

蛙男 (幻冬舎文庫)

蛙男 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 清水 義範
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 文庫

言いようのない怖い作品だ。
救いのないエンディング。
信じられないことが自分の身に起こり苦悩するも、
共有できる仲間をみつけて少しの希望を見出した後に、
絶望的な状況に陥る。
小さな希望が潰えた時の絶望感は大きい。
最初から希望などないほうがよかったのか。
そういう意味では、強烈なSFホラー作品。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

バガボンド

英語で放浪者のことをバガボンドという。 妻が知人から借りてきたマンガ。 全30巻を読んだ。 まだ続いているので、全てを読み切ったわけではない。 よくある勘違いで、当初バカボンドと読んでいた。 天才バカ …

no image

はなだん

花より男子(だんご)。 本日、映画「花より男子ファイナル」が封切り。 昨晩10時に放送された特別編は、見させられた。 スミノフウォッカによる心地よい眠気を払いのけ、おっかけ再生された 1時間番組をなん …

no image

インタビュー

・インタビューされるのはトムクルーズだとばかり思っていた ・クルクル髪の少女はスパイダーマンのヒロインだった ・アントニオバンデラスはまるで記憶に残っていなかった ・ブラッドピットはいい役者だ 過去の …

no image

アイ・アム・レジェンドが名作すぎて観るのが5回目だった話

NetflixとHuluに加入してかれこれ1か月。妻の趣味であいのりとテラスハウスを見るために加入したわけだが、Netflixは映画が盛りだくさんで、新作ももちろんあるなか過去の名作もあることがわかっ …

no image

岩波少年文庫

我が妻特選の10冊。 (宮崎駿が選んだ50冊はこちら。) きっかけは、今話題の「借りぐらしのアリエッティ」だった。 こ、こ、これは...、「床下の小人たち」に違いない。 少女の頃に読んだあの名作。 な …