CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

仕事

解雇規制緩和について思うこと

投稿日:

日本の新卒一括採用とその後の終身雇用の通りに生きてきた。入社から25年を経て、いよいよミスマッチが起きてきたように感じる。関わる製品の寿命に付き合わされるのはまっぴらごめんなので、積極的な終わりのはじまりを提案している。後ろ向きなようでいて、前向きな行動だと自分では思っている。後ろ向きだと思われて低評価となるのは覚悟の上。前向きな人間がいるならばしっかりと引継ぎするから手を挙げてくれって感じ。ズバリ言うと、いいように使われているのがガマンできなくなったってこと。

身近なところで社員が会社に来なくなったという話を聞いた。それまでも休みがちだったが次第にエスカレートしていき、朝1時間の遅刻や午前休が当たり前となり、仕事の分担ができなくなりルーチンワークが破綻。引継ぎなく休職となり、そのあおりは同僚が負わざるをえなくなった。メンタル不調ということで、周囲がそれをカバーしている。ほとぼりが冷めたら復職してくるのだろう。

本題。日本は社員が優遇されすぎている。今までその恩恵を預かってきた自分だけれども、そんな凝り固まった形はやめたほうがよいと考えはじめた。アメリカのようにすぐにクビって形は恐ろしいが、欧州の金銭解雇は導入すべき。ミスマッチを解消しやすくする仕組みは、会社にも個人にも有利に働くはず。解雇って最上級の失態のように聞こえるがそれは懲戒解雇のこと。他には整理解雇や普通解雇というものもある。とは言え、今の日本の法律ではどれも容易に行使できない。向こう1年間の賃金を払うからキミはクビねって形はありだと思う。
なぜ日本で「解雇規制の緩和」が進まない? 倉重弁護士「硬直した議論はもうやめよう」

子育て中、住宅ローンがたっぷり残っているなんて人向きではない。自分はそんな生き方をしていないから、極端な考え方になったのかもしれない。でも、生き方の違いで取りうる選択肢が変わるのは当然。解雇規制緩和という制度面の変化を待つつもりはない。自分らしくあるために、考え続けて行動を起こしていく。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

会社の自己申告制度について思うことをつらつらと

うちの会社には、例年この時期(3月の中下旬)に希望者が自己申告をすることになっている。今の仕事について満足しているか不満があるか、不満があるならどんな仕事をしたいかって。おいらは過去に3回ほど出してい …

no image

TOB

CAD業界のニュースが日経サイトに掲載された。 ダイテックHD、福井コンの筆頭株主に 16日からTOB ともに東証1部に上場している大手のCADメーカー。 おいらの会社にとってはライバルであり(向こう …

no image

リンクトイン

SNS at bussines. らしい。 人と人のつながりは、ビジネスでこそ必要だ。 Facebookのビジネス版が開発中であるというニュースから 現在のデファクトであるLinked Inを知った。 …

no image

飲み会の幹事

飲み会の幹事というのは重い仕事だ。 とくに会社の打ち上げのように、仕事の一部と言ってもいいような たぐいのものは、やっかいで難しい。 少し前に体感した幹事の苦労を、具体的な数字を示してここに記す。 予 …

no image

脱落していく人、脱落しそうな人、おいらはどうなんだろう

こないだ入社27年で退職した先輩の話をここに書いたけれども、こういう流れが加速度的に早まっているように感じる。