CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

PDFiumでPDFを描画したりなんだりできるんだとさ

投稿日:

まずはこちらのネットニュースをご覧あれ。2014年に書かれたものでおもしろいことが書いてある。
米Google、ChromeのPDFレンダリングエンジン「PDFium」をオープンソース化
Google Chrome PDFエンジンがオープンソース化

EdgeがPDFビューアを兼ねているというのは聞いたことあったけど、Chromeもそうだったのか。今やブラウザシェアでNo.1だとも言われているChromeが元々使っていたPDFレンダリングエンジンが、オープンソースとなったのはおもしろい。ライセンスは修正BSDライセンスなので、商用利用しやすい。ようするに、無保証だということとライセンス条項をどこかしらに載せればよい。もちろんソースコードの公開は必要ない。

PDFium…まず読み方がわからない。premium=プレミアムと読むことから、ピーディー・フィアムと読みたくなる。あるいは、ピーディーエフ・イアムでもよいだろうか。4年も前の記事しかない時点であまり使われていないと思うかもしれないが、いやいやそんなことはなさそう。おいらがPDFiumに注力したきっかけはTeigha(ティーガ)。Teigha新バージョンの2019で、PDFレンダリングエンジンにPDFiumを採用した。これまではVisualIntegrity社の有料PDFエンジンを利用していたので、その有料部分をTeigha利用者に年間500ドル分転嫁していた。これをオープンソースのPDFiumを利用することにして、Teigha利用者が手軽にPDFを扱えるようにしたのだろう(まだ実物見てないから予想)。以下、PDFiumを二次利用していて有望そうなものをピックアップ。
Teigha(OpenDesighnAlliance)
pdfium.NET SDK(Patagames)
PdfiumViewer(NuGet)

PDFをラスタライズ(ビットマップ化)するというアプローチをこれまでしてきたわけだが、これからはレンダリングするほうに目を向けてみる。つまり画面に描画するということ。ChromeやEdgeがPDFを当たり前のようにビューイングできるようになったのはおもしろい。Chromeが、その部品を商用利用可能な形でオープンソース化したのは素晴らしい。まずはTeighaでどんなものかを把握する。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ペーパーモデル化ツール3

3年半の沈黙を経て、ペーパーモデル化ツールのバージョンアップが行われた。 とりあえずはVectorにアップロードされただけであり、販促活動はこれから 本格的に行われていくはずだ。 興味がある人は、以下 …

no image

家で仕事

そもそも家でパソコンを買ったのは、仕事をするためだ。 う~ん、仕事とも言えるけど仕事とも言えない感じがする。 ドスパラのPrime、22万円なり。 結構な投資だったけど、後悔はしてない。 今、そのNe …

no image

VisualStudio2005

帰国後の1週間を乗り切った。 バカンスモードの体からビジネスモードに切り替えるのは、 なかなか厳しかったが、この1週間で徐々に慣れてきた。 夢のような南国リゾートとは違い、現実世界は厳しい。 さて、V …

no image

VC2015のプロジェクトを久しぶりにビルドしたらエラーになったけど。。

エラーはこんな感じ。

no image

C#勉強中

Cから入ってC++になり、C#をやることになりました。時代はWebアプリケーションということなので。同じCという文字がついているので、まぁ同じようなもんでしょ、と楽観的観測でいたのですが...。初めて …