CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

仕事

脱落していく人、脱落しそうな人、おいらはどうなんだろう

投稿日:2018年6月24日 更新日:

こないだ入社27年で退職した先輩の話をここに書いたけれども、こういう流れが加速度的に早まっているように感じる。

協力会社の人でここ数年うちの会社に常駐していた人が退職。俗にいうSES企業の従業員的な働き方に疲れちゃったのだろう。自分の会社に戻るという選択肢もあったのだろうが、あまりに長くうちの会社にいたもんだから戻るに戻れなくなっていたのかもしれない。直接話を聞いたわけではないから詳細は不明だが、現場の指示があまりにも理不尽で「もうできません」ってなったのだと予想。

無断欠勤2日しちゃった若者は、3日目には出社してその後10日くらいを普通に過ごしているので持ち直したようだ。他に、普段休みがちないいかげんな若者が木金と2レンチャンで休んでいたが、休みがちだから2日くらいはなんてことない。まじめでものしずかな帰国子女くんが午前休の予定が1日休みになったのは単にフィジカルをやられただけだろう。毎日22時まで働く社畜くんが、18時時点で帰宅したから、なぜかと聞いたら体調不良だった。メンタル不調は、まずフィジカルとして表面化する。ここに挙げた人がぜんぶ脱落しそうってわけではない。フロアで行われている打ち合わせでは「やらなきゃ意味ないじゃん」「いいからやるんだよ」なんて言葉が飛び交っている。。のではないかと思う。

ある会議で「残業時間が70時間を越えそうなんですけどいいですか?」って発言を聞いた。この6月の実働日が21日なので、1日に3時間20分残業すれば70時間になる。残業は17時半からで途中強制的に30分の休憩が入るから、18時を起点として3時間20分後は21時20分。近頃は22時以降の残業が禁止されていて、月に最低4日は19時までに帰れということになっている。これを6月に当てはめてマックスまで働いた結果の残業時間は72時間。そもそも70時間って何だろうと思ったけど、こういうことなんだな。終わりが見えない膨大な作業を振られたリーダーが、それをメンバーに右から左に割り振るだけの傍若無人さがあったなら、その組織はとてもよいピラミッド構造になるが、メンバーから脱落者が出る上に自分が加害者になる。リーダーが飲み込んで現実的なレベルの作業量をメンバーに割り振って、できなかった責任を自分が抱え込んだならば、リーダー失格となるが、自分は被害者になるだけで済む。彼は後者を選択した。おいらも後者を選択する。

弱いものが去った後、強いものが残り、いずれ強くなるかもしれない多くの弱いものを補充するのもいいさ。おいらは弱いほうに属しているので、去るかうまく立ち回るか今すぐ強くなるかの三択を迫られている。某大学もそうだったみたいだけど、組織のなかではゴリ押しできる人間が重宝される。押すほうも押されるほうも不幸。楽しく気楽に仕事をしたいもんだけど、なかなかですな。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

会社移転

移転まであと2週間になりました。 移転関連のプロジェクトが佳境に入ってきて、 周辺がバタバタとし始めてます。 電話、ネットワーク、セキュリティー……。 駅前徒歩数分のビルなので、通勤は楽そうです。 地 …

no image

東大女子

東大女子と飲む機会があった。 と言っても、昔からよく知っている社内の人間である。 偏差値も高いのだろうが、人間関係の機微をよく知っていて、 ここぞというところで目立つことができる。 おいらの一回り下な …

no image

Web本棚で情報共有

以下、社内のアイデア公募に提出したもの。 箸にも棒にもかからなくて、ホッとしたような残念なような。 個人的には、実現したら画期的だと考えていて、いつか やってみようとゆるく心に誓っているので、ここに残 …

no image

職場で涙を見せる若者たち

まずは自分の体験談から。10年ほど前に父親ががんで亡くなる少し前。入院している医者から告知があるってことで、母親・兄貴・おいらが病院に呼ばれて話を聞いた。余命3か月。母親が付きっ切りで世話をしていて、 …

no image

5時起き

明日が月末だということを忘れてた。 月末恒例の工数入力をまだやってない。 あしたは、1日外出で会社に行かないので、 もう工数入力できまへん。 ということに気付いたのは、ちょっと前。 したがって、明日は …