CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

PDFアレコレVer1系は1.02で打ち止めとするにあたって最後の強化をした

投稿日:

iTextSharp7を組み込んでVer2にしようというプランに移行するにあたって、心残りだったところをVer1.02として強化しておいた。

Ver1.02 2018/10/7
・プレビューページに削除機能を追加。(これでセーブできる意味ができた)
・画像変換の形式にTiff(フルカラー、白黒2値)を追加して、マルチページTiffへの変換を可能とした。(けっこうなメモリーを使ってしまうのが課題)
※詳しくはコチラ

ページ回転ではまる前にページ削除はサクッと実装できていた。画像については、CADに関わる人間としてTiffへの対応をしておかなければならなかった。いやはやこれにけっこうハマった。TiffCompressOptionという便利なものがあるから楽にできると思ったらそうでもなかったし、使用するメモリーがガンガン増えていくことは結局解決できなかった。別にリークしてるわけでもないし、数百MB程度のメモリー使用量になってもイマドキのPCなら大丈夫だろう。C#は画像の扱いは楽だけれども、Tiff G4のようなちょいとクロウト向けの形式にしようとすると難易度があがる。もちろんC++でやることと比べたら全然楽なんだけどね。

さて、次はiTextSharp7を組み込んだVer2の開発に取り組もう。アプリのベースをMDIにして、プレビューが最初に出てきて視覚的に確認できる状態から画像変換やページ編集ができるほうがいいから。PDFiumとiTextSharpの使い分けをうまくやんなきゃいけないし、最初の構想が重要だ。設計書つくるか。いやいや、仕事じゃないんだからそんなメンドウなことはやめておく。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

PMサーバー版リリース

ペーパーモデル化ツールサーバー版の宣伝。 詳しくは、kensetsu21のこちらのサイト(PDF)をご覧あれ。 クライアントは、サーバー上の共有フォルダにファイルを ドラッグ&ドロップするだけ。 サー …

PDFアレコレがVectorに掲載されたよん

Vectorのカテゴリとしては文書作成⇒PDF。PDFアレコレというフリーソフトが掲載されたよん。

PDFアレコレはiTextSharp7も組み込むことにする

PDFiumViewerを使ってPDFアレコレという名のフリーソフトを作ってみたわけだが、PDFiumViewerの限界が見えてきた。

no image

環境変数TEMPトラブルについて振り返る

プログラムから環境変数TEMPで指定されたフォルダにファイルが作れないことがわかった時点で、この問題は解決したも同じだった。TEMPの値を「%USERPROFILE%\AppData\Local\Te …

no image

VisualStudio2005

帰国後の1週間を乗り切った。 バカンスモードの体からビジネスモードに切り替えるのは、 なかなか厳しかったが、この1週間で徐々に慣れてきた。 夢のような南国リゾートとは違い、現実世界は厳しい。 さて、V …