CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

PDFアレコレVer1系は1.02で打ち止めとするにあたって最後の強化をした

投稿日:

iTextSharp7を組み込んでVer2にしようというプランに移行するにあたって、心残りだったところをVer1.02として強化しておいた。

Ver1.02 2018/10/7
・プレビューページに削除機能を追加。(これでセーブできる意味ができた)
・画像変換の形式にTiff(フルカラー、白黒2値)を追加して、マルチページTiffへの変換を可能とした。(けっこうなメモリーを使ってしまうのが課題)
※詳しくはコチラ

ページ回転ではまる前にページ削除はサクッと実装できていた。画像については、CADに関わる人間としてTiffへの対応をしておかなければならなかった。いやはやこれにけっこうハマった。TiffCompressOptionという便利なものがあるから楽にできると思ったらそうでもなかったし、使用するメモリーがガンガン増えていくことは結局解決できなかった。別にリークしてるわけでもないし、数百MB程度のメモリー使用量になってもイマドキのPCなら大丈夫だろう。C#は画像の扱いは楽だけれども、Tiff G4のようなちょいとクロウト向けの形式にしようとすると難易度があがる。もちろんC++でやることと比べたら全然楽なんだけどね。

さて、次はiTextSharp7を組み込んだVer2の開発に取り組もう。アプリのベースをMDIにして、プレビューが最初に出てきて視覚的に確認できる状態から画像変換やページ編集ができるほうがいいから。PDFiumとiTextSharpの使い分けをうまくやんなきゃいけないし、最初の構想が重要だ。設計書つくるか。いやいや、仕事じゃないんだからそんなメンドウなことはやめておく。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

尻有

知る人ぞ知るアングラ系サイト。 尻有とか、どーもとか。 定期的にチェックして、マイソフトがクラックされてないかどうか チェックしてるんよ。 復活してましたね、どーもが。 入り口が、なかなか見つからなか …

no image

x64

Windowsの64ビット動作って、まだまだ先ですかね、という話をしてみます。  コンピュータが16ビットだった時代、私はこの業界に入りました。正確に言うと、CPUは32ビットになっていたが、その上で …

no image

アプリでzip圧縮と解凍をやりたくてzlibを組み込んでみたんだけど。。

でかいファイルは、圧縮してコンパクトに扱いたくなる。 テキスト形式で定義されているファイルをアプリで読み書きする。 テキストは圧縮すれば1/5くらいになるので、その結果小さくなった ファイルをアプリの …

no image

IS2008

「InstallShield おまえもか!」 まだ2007年だというのに、ソフト名に来年の年号を使う。 AutoCADがはじめたと思われる悪習。 (Windows Server 2008は、まだBet …

no image

BMPをJPEGに

ビットマップ(BMP)ファイルをJPEGファイルに変換できないものか。 そんなテーマが頭の中で渦巻いていた。 既存のアプリ(フリーソフトなど)を使えば簡単だが、 プログラム的にやるとなると、なかなか。 …