CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

VC2017でWindowsの環境変数を取得する方法

投稿日:

C++のUnicodeプロジェクトにおいて、_wgetenvでWindowsの環境変数が取得できるのはわかる。

こんなソースがあって、ビルドしたらエラーになった。

error C4996: ‘_wgetenv’: This function or variable may be unsafe. Consider using _wdupenv_s instead. To disable deprecation, use _CRT_SECURE_NO_WARNINGS. See online help for details.
ようするに、セキュリティ付きの関数である_wdupenv_sを使わないとダメだよということ。

プロジェクトのプロパティ⇒C/C++⇒全般⇒SDLチェックを「いいえ」にすればワーニングで済む。
さらにはワーニングの4996を無視してしまえば、ワーニングすら出ないようにすることはできる。
それも気持ち悪いので、セキュリティ対応した_wdupenv_sの使い方を記録しておく。

-ソフト開発

執筆者:


  1. コーイチ より:

    久しぶりにコメントします。
    https://docs.microsoft.com/en-us/cpp/c-runtime-library/reference/dupenv-s-wdupenv-s?view=vs-2017

    Notes
    It is the calling program’s responsibility to free the memory by calling free.

    と書いてあるので、_wdupenv_s()自体が、戻り値をコピーするバッファの割り当てを行うみたいなので、自前でnew しないで、メモリを解放すれば良いみたいですね。

  2. com より:

    _wdupenv_sじゃなくて、_wgetenv_sなのでちょっと違う感じですね。わざわざメモリーサイズ取得して、メモリー取得して、さらにメモリー破棄しないといけないわけで、チョーメンドウですよ。セキュリティ対策前の_wgetenvは何もしなくてよかったんですけどね。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/cpp/c-runtime-library/reference/getenv-s-wgetenv-s?view=vs-2017

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

アプリでzip圧縮と解凍をやりたくてzlibを組み込んでみたんだけど。。

でかいファイルは、圧縮してコンパクトに扱いたくなる。 テキスト形式で定義されているファイルをアプリで読み書きする。 テキストは圧縮すれば1/5くらいになるので、その結果小さくなった ファイルをアプリの …

no image

x64

Windowsの64ビット動作って、まだまだ先ですかね、という話をしてみます。  コンピュータが16ビットだった時代、私はこの業界に入りました。正確に言うと、CPUは32ビットになっていたが、その上で …

no image

デバイスコンテキスト

デバイスコンテキストとは何かを調べてみた。 Device Context=装置の状況。直訳すると意味わからん。状況という言葉があいまいで、背景・場面・状況・文脈という意味があるが、やっぱわからないこと …

no image

iTextSharpによるPDFファイルのページ分割

iTextSharpはフリーのPDF関連コンポーネントであり、いろんなことができるのは知っていた。ドットNET、つまりC#かVB使いであれば、けっこう簡単にPDFを操ることができるのだが、あいにくおい …

no image

VisualStudio2005

帰国後の1週間を乗り切った。 バカンスモードの体からビジネスモードに切り替えるのは、 なかなか厳しかったが、この1週間で徐々に慣れてきた。 夢のような南国リゾートとは違い、現実世界は厳しい。 さて、V …