CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

zipcopy Ver1.04リリース

投稿日:

zipcopyをリビジョンアップして、Ver1.04とした。

Ver1.02からなので2回リビジョンアップしている。詳細は以下の通り。
Ver1.03 2019/9/26
・ファイル削除時の例外エラーを防ぐために、リトライ処理(最大30秒=0.1秒×300)を入れた。
Ver1.04 2019/9/29
・コピー元はフォルダを選択するのが前提だったところ、ファイル(1つのみ)を選択することも可能とした。
・7zipで使うexeの初期値を、7z.exe(Console版)から7zG.exe(GUI版)に変更した。

コピー元にフォルダだけしか選択できないようにしていたのは、大は小を兼ねるという考え方からだった。1個のファイルだけ圧縮したいんだって場合は、新しくフォルダ作ってそこにファイルを入れておけばよいと考えた。でも、わざわざフォルダ作ってファイル移動なんてしたくなくて、コピーしたいファイルがあるフォルダ内に、コピーしたくないファイルがあるって場合に対処できなかった。だから、ファイル1個でも指定できるようにしたのだ。複数ファイルを指定したいんだけど。。そのうち考えましょ。

7zipにコマンドラインで動くexeがあるってことを知ったので本アプリを作ったわけだが、その弊害はコンソール画面が出てうざったいのと、圧縮や解凍の状況確認ができないこと。7zipを使っているフリーソフトでWinMergeというのがあって、そいつはGUIの画面が出てきていた。だったらGUI付きのexeだってあるでしょとググったら、7zG.exeという名の実行ファイルがあった。指定するパラメータは7z.exeと全く同じなので、初期exe名を変更するだけで対応完了。なお、GUIではなくCosoleがいいんだという人がいたならば、設定で変更することができるようになっている。たぶんいないだろうけど。

なんで途中経過としてVer1.03を作ってのかって、Vectorに早く掲載したかったから。たぶん来週ぐらいには掲載されることになって、そこでは1.03として公開されることになる。最新はCAD日記にあるってことで、何も問題ないですな。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

BMPをJPEGに

ビットマップ(BMP)ファイルをJPEGファイルに変換できないものか。 そんなテーマが頭の中で渦巻いていた。 既存のアプリ(フリーソフトなど)を使えば簡単だが、 プログラム的にやるとなると、なかなか。 …

no image

TEMPフォルダ書き込みエラーが頻発したのはなぜだろう

「環境変数TEMPトラブルについて振り返る」という記事に書いた出来事は1か月ほど前に起きたことでありWindows Serverでもあったから、レアな事象としてとらえていたが、一昨日の金曜日に起きたこ …

no image

PDFの用紙サイズはポイントで表現されている

PDFの用紙サイズをiTexSharpで取得したら、mmでもinchでもない、 謎の数値が得られたので、調べてみたらポイントという単位だった。 ポイントとは、WordやEXCELで文字の大きさを指定す …

PDFアレコレはiTextSharp7も組み込むことにする

PDFiumViewerを使ってPDFアレコレという名のフリーソフトを作ってみたわけだが、PDFiumViewerの限界が見えてきた。

no image

PDFiumでPDFを描画したりなんだりできるんだとさ

まずはこちらのネットニュースをご覧あれ。2014年に書かれたものでおもしろいことが書いてある。