CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

Hyper-Vのvhdxを圧縮するのはPowerShellでやるんだけど、その自動化手法がおもしろいじゃん(3)

投稿日:2020年3月8日 更新日:

vhdを手軽に圧縮できるPowerShellプログラムの決定版。
まずは、前回考えたことを振り返る。。
ps1内のvhdのファイルパスを自分で書き変えなきゃいけないのが難点だから、ps1と同じ場所にあるvhdまたはvhdxを探して、1つだけだったら無条件に圧縮実行。2つ以上あったら、そのリストを出してどれを圧縮するか指定させる。。なんて考えたことの決定的な解決策が出てきたので、第3弾として記事を書く。おそらくこれがこのシリーズの最終回になるだろう。

手順と経過は以下の通り。
1.compvhdに必要なファイルをダウンロードして解凍
2.解凍結果のcompvhd.batを管理者として実行 ※ダブルクリックして実行すると権限エラーになる
3.ファイル選択が出るので、ターゲットのvhdファイルを選択する
 指定したファイルが存在しなければ圧縮失敗で終了。自分で選択しているファイルなんだから、存在しないわけないけど。。
4.圧縮に成功すれば、圧縮前後のファイルサイズと比率を表示して終了

PowerShellはCUIだと思い込んでいたから、上で書いたようにメンドウな手順を考えた。しかし、前回ダイアログボックスを出せることがわかっていたので、ファイル選択出せばいいじゃんと思い至った。PowerShellはGUIを使えるってことが発見だ。
ググればこんな記事がすぐに見つかる。便利な世の中ですなぁ。
PowerShell でファイル選択ダイアログを利用する

ps1の中身を以下に転記しておく。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

PDFアレコレはこんなところが落としどころかね

この3連休はPDFiumを使ったサンプルアプリ作成に取り組んでいて、まぁそこそこの感じにできあがったのでここらでいったん完成としておく。

no image

ペーパーモデル化ツール3

3年半の沈黙を経て、ペーパーモデル化ツールのバージョンアップが行われた。 とりあえずはVectorにアップロードされただけであり、販促活動はこれから 本格的に行われていくはずだ。 興味がある人は、以下 …

WinMegeのフィルタについて今すぐ知りたいならココを読め

WinMergeでフォルダやファイルを比較して差分を把握することは、プログラムに関わっていれば日常あること。効率よく比較したいならフィルタを使うべし。

no image

USBメモリを小容量に見せかける方法

USBメモリの大容量化が年々加速している。 おいらが最初に買ったのが10年くらい前で、128MBで1万円くらいだったか。 今では、4GBが500円で買える時代になっている。 個人で使うには容量が多いに …

PDFアレコレにパスワード入力と情報表示を追加

オープン時のパスワードが設定されているPDFでパスワード入力できるようにしたのと、タイトルや作成者の情報を確認できるようにした版はこちら。