CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

スポーツ・観劇・車

オーケストラ

投稿日:

縁があり、アマチュアのオーケストラ演奏を聴きにいった。

クラシックの演奏を生で聴くのは初体験だった。

会場は、神奈川県立音楽堂。

1000人くらいは入れる大きな会場だ。

桜木町駅から徒歩10分。

駅からの途中、紅葉坂という急な坂があり、

フゥフゥ言いながら登ったのが印象に残っている。

休憩時間をはさんで2時間の公演だった。

途中で眠くなってうつらうつらするときもあったが、

全体を通してみると興味深く聞けたと思う。

それほど長く感じなかったし。

クラシックと言えば、バイオリン。

なぜか思い出したのはマスオさんのバイオリン。

決して演奏者がへただったわけではない。

優雅で高貴な音色を聴きながら、

下手なバイオリンというのは騒音なんだろうなぁ、

と思ってみただけだ。

少し大きなバイオリンがあるなぁと思っていて、

あとで妻に聞いたら、それはヴィオラだよと

当たり前のことのように言われた。

ホルン。

くるくるとした丸い形の楽器。

丸く大きく開いた部分を背後に向けて、

演奏者が右手を突っ込んでいたのが印象に残った。

調べたところ、ホルンは重い楽器らしく、

重さを支えるために右手で支えるらしい。

また、吹き出し口を全部または半分ふさぐことにより、

低音の広がりを高めるとのことだ。

トライアングル。

滅多に出番がないので、普段は静かに座っている。

出番が近づくとおもむろに立ち上がり、慎重に音をならす。

弱くたたいても、その音は特徴的であり大変派手だ。

ただ座っているだけの演奏者がどうしても気になり、

今何を考えているのだろうかと思って、ジーと見つめてしまった。

指揮者。

ほかの人はアマチュアらしいが、指揮者の人は

プロであり教育者とのこと。

中学3年のときに合唱コンクールで指揮者をやらされた

苦い出来事を思い出した。

ピアノに合わせて指揮棒をふっただけで、

何ら指揮者らしいことはしなかった。

オーケストラにおいて指揮者は特別な存在だということがわかった。

登場するとき退場するときの観客の拍手が特別大きい。

曲が終わると、特定の演奏者を立たせて観客に拍手を促す。

1人だけだったり、3人まとめてだったりした。

あなた今日はうまかったよというふうに、評価を与えているのだろうか。

最後に演奏者全員を立たせて、拍手をもらう。

見ものだったのは、演奏会の最後。

指揮者だけ退場すると、客席からの拍手が鳴り止まずに、

演奏者たちも足で床を叩く。

すると指揮者が再登場して、客席に向かってお辞儀をして拍手にこたえる。

そしてまた指揮者だけが退場するが、拍手はなりやまない。

指揮者の登場。

こんな出入りが3回くらい繰り返されただろうか。

アンコール演奏があるのかと思ったが、それはなかった。

面白い慣習だ。

生まれて初めての生クラシック。

大変興味深い体験をさせてもらった。

タクシーに乗って約10分で横浜中華街に到着。

辛い料理を堪能して、横浜をあとにした。

-スポーツ・観劇・車
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

競馬2017の収支

連休をどう過ごそうかと夫婦でいろいろと健闘した結果、昨日のサイゼリア昼飲みと競馬観戦ということになり、今日は府中競馬場に行って帰ってきたところだ。よかったのは初めて指定席で観戦することができたこと。第 …

no image

若手テニス選手を応援するICOプロジェクト「TokenStars」

ICOとは、仮想通貨を利用した資金調達だ。 数あるICOプロジェクトの中でおいらが注目したのは、TokenStars ACE.。 (ちゃんと日本語で書かれているので内容を把握しやすい) 若手テニス選手 …

no image

運転免許更新

「運転免許証更新のお知らせ」というハガキが届いていた。 5年に一度のわりで、誕生日の1ヶ月前に届くハガキだ。 誕生日の前後1ヶ月、つまり2ヶ月の間に警察署に出向き、 更新の手続きをするわけだ。 5年に …

no image

新旧86比較

10個下の人間と飲む機会があり「86欲しいんだよねぇ」って言ったら、 「頭文字DのAE86っすか!」って反応で、そもそも2014年に販売 開始したトヨタ86のことを知らなかった。 彼らは車を持つことに …

no image

1万キロ

セリカの走行距離が1万キロを刻んだ。 首都高速環状線から3号線に分岐するあたり、谷町JCTあたりだった。 気が付くと10001という数字を刻んでおり、桁が切り替わる瞬間を見逃してしまった。 どうでもい …