CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

イテレータ(Iterator)

投稿日:

あるコンポーネントで初めて出会いました。コンポーネントがバージョンアップされたときに、オブジェクト指向的な作りに一新されて、いろいろ変わったのですが中でもイテレータという訳の分からないものに遭遇して、戸惑った覚えがあります。例を挙げるとこんな感じです。(VC++)

OdDbObjectIteratorPtr pIter = pBtr->newIterator();

for( ; !pIter->done(); pIter->step() )

{

OdDbEntityPtr pEnt = pIter->objectId().safeOpenObject();



}

別になんてことのないforループですけど...

「プログラミングにおいてイテレータとは、リストや、それに類似するデータ構造の、各々の要素に対し繰り返し処理の抽象化したものである。実際のプログラミング言語では、オブジェクトまたは文法などとして現れる。反復するためのものの意味で反復子と訳される。」(ウィキペディアより引用)

オブジェクト内に反復処理を保持しているということが特徴です。また、繰り返しの途中の状態を保存しておいて、あとで再開することが可能です。オブジェクト指向がわからないとプログラマーとしては未熟だと言われてしまう今の時代、重要なキーワードになるでしょう。

前述のコンポーネントの話ですが、そのバージョンアップには正直ビビリました。構造体と関数で作り込まれていたものが、ほとんど全部クラスになったのです。CがC++になったということです。それまで、クラスを使ったことがほとんどなくて、初めて本格的にクラスに触れた機会でした。今でも完全にマスターしたわけではありませんが、そこそこ解ってきたつもりです。

その時に同様に初めてみたものに「スマートポインタ」というものもあります。いつか機会があれば、これについて書いてみたいと思います。

forループで思い出しましたが、whileループが嫌いです。永久ループになりやすいので。きっちりと回数を決めてループさせるのが、精神衛生上好ましいです。どうしても使わなければならない場合もあるので、その場合はきっちりとbreak条件を設定します。永久ループは致命的なバグになります。過去に何度か、痛い目を見ました。whileは要注意です。

-ソフト開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

簡単インストーラ

インストーラと言えば、Install Shield です。最新バージョンは11.0で価格は44万1千円。高いんです。高機能版(Premier Edition)で、多国語(全33ヶ国語)対応という代物だ …

PDFiumはPDFからテキスト抽出するのもちょー簡単

PDFiumを語るのに日本語はいらない。プログラマーはプログラム言語で語る。PDFiumの処理は、tryとfinallyのところだけを見てくれればよい。たったこれだけでPDFからテキストを抽出できるの …

no image

IS2008

「InstallShield おまえもか!」 まだ2007年だというのに、ソフト名に来年の年号を使う。 AutoCADがはじめたと思われる悪習。 (Windows Server 2008は、まだBet …

no image

POSTフィルター

VCでつくったWindowsアプリから、Webサイト上のPHPを呼び出して、 MySQLのDBをいじる。 そんなストーリーを思いつき、サンプルアプリを作った。 家からやったら問題なかったので会社から試 …

no image

デバイスコンテキスト

デバイスコンテキストとは何かを調べてみた。 Device Context=装置の状況。直訳すると意味わからん。状況という言葉があいまいで、背景・場面・状況・文脈という意味があるが、やっぱわからないこと …