CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

仕事

HDD換装2

投稿日:

HDDの取り外し方を学び、コピーが完了した新しいディスクに入れ替えて、
マシンを起動してみたが、素直にWindowsが起動してくれなかった。
その時のエラー画面に書かれていたことをメモった。
 Windowsを開始できませんでした。最近のハードウェアまたは
 ソフトウェアの変更が原因の可能性があります。
 1.Windowsインストールディスクを挿入してコンピュータを再起動します
 2.言語の設定を選んでから、次へのクリックします
 3.コンピュータの修復をクリックします
 ...
 ファイル:¥ntldr
 状態:0xc000000e
 情報:アプリケーションが見つからないか壊れているため、選択された
   エントリーをロードできませんでした。
XPのインストールディスクでブートして、修復を選んでみた。
Administratorのパスワードを要求された。
3回間違うとキャンセルされてしまい、再ブートしなければならなかった。
10回目くらいでようやく当たりをみつけたが、その結果得られたのは
コマンドプロンプトだけだった。
セーフモードで起動して、コンパネの言語にたどり着けると踏んでいたのだが、
そうは問屋が卸さなかった。
別PCでネット接続して、もろもろ調べれば解決するかもしれなかったが、
朝の貴重な時間を費やすほどのこともないと判断して、
旧ディスクに入れ替えて、何事もなかったように日常業務を始めたのだった。
後日、調査を行い以下のことがわかってきた。
・ntldrというファイルがCドライブ直下にあるはずなのにない
・このマシンは、以前Vistaをインストールしたことがある(データは消した)
・その名残りで、マシン起動時にVistaを起動するための選択画面が出る
・Vistaのインストールディスクを使うと、Vistaの選択を消すことができる
・Vista以降でOSのブートローダーの仕様が変更された
つまり、Vistaを入れていたときの残骸を削除すればよいのだろうと。
以下のサイトを参考にしてやってみた。
Windows VistaとXPのデュアルブート環境でVistaを削除する
ようするに、Vistaのインストールディスク内のbootsectを以下のように実行すればよい
e:\boot\bootsect /nt52 all
これにより、Cドライブ直下にntldrができたことを確認。
再度、一晩かけてバックアップを行い、翌朝ディスクを入れ替えて起動!
無事認識することができた。
何事も、経験しないとわからんもんだな。
容易なようで困難なことは、そこらに転がっている。

-仕事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

脱社畜

毎年、連日10時11時までの残業をこなす時期がある。 年のうちの半分くらいは、そうやって働いていた。 それはそれで、やりがいを持ってやっていたはずなのだが、 果たしてそれでいいのだろうかと疑問を持ち始 …

no image

残業時間

2017年1月、帰宅時刻の平均が22時13分だったことが判明した。夜10時と言えばかなり遅い時間で、よーく残業したなぁという実感がある時間なのに、それを平均で超えてしまったのは異常だ。1月は実働が18 …

no image

略した英語

初めて遭遇したのは、FYI。外資系企業の人で、話す日本語が微妙に英語っぽい発音の人との、メールのやりとりでした。顔は完全に日本人でしたが、長く海外生活をしてそうな感じでした。 FYI【for your …

no image

職場の人間関係

ながいこと、せまい組織の中で少数の人と仕事をやってました。それで十分事は足りていたのです。  ここ半年くらいですかね、変わってきたのは。変えようとし始めたのは。せまくて変化のない人間関係に閉塞感を感じ …

no image

職場で涙を見せる若者たち

まずは自分の体験談から。10年ほど前に父親ががんで亡くなる少し前。入院している医者から告知があるってことで、母親・兄貴・おいらが病院に呼ばれて話を聞いた。余命3か月。母親が付きっ切りで世話をしていて、 …