CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

ソフト開発

通常使うプリンタを取得する

投稿日:

通常使うプリンターを取得する方法をいくつか挙げる。
①GetDefaultPrinter
TCHAR printerName[1024];
DWORD dwBufferSize = 1024;
BOOL bRet = GetDefaultPrinter(printerName, &dwBufferSize);
②CPrintDialog::GetDefaults
CPrintDialog pd(TRUE);
pd.GetDefaults();
DEVNAMES* pDevNames;
if( pDevNames = (DEVNAMES*)GlobalLock( pd.m_pd.hDevNames ) )
{
TCHAR* pbuff = (TCHAR*)pDevNames;
TCHAR* pPrinterName = pbuff+pDevNames->wDeviceOffset
GlobalUnlock( pd.m_pd.hDevNames );
GlobalFree( pd.m_pd.hDevNames );
}
③CWinApp::GetPrinterDeviceDefaults
PRINTDLG prn;
pApp->GetPrinterDeviceDefaults( &prn );
DEVNAMES* pDevNames = (DEVNAMES*)GlobalLock( prn.hDevNames );
{
TCHAR* pbuff = (TCHAR*)pDevNames;
TCHAR* pPrinterName = pbuff+pDevNames->wDeviceOffset
GlobalUnlock( pd.m_pd.hDevNames );
GlobalFree( pd.m_pd.hDevNames );
}
④GetProfileString
TCHAR buffer[1024];
::GetProfileString(_T(“windows”), _T(“device”), _T(“,,,”), buffer, sizeof(buffer));
TCHAR* printerName = wcstok(buffer, L”,”);
①~③は今現在通用するちゃんとした方法だ。
④はかなりあやしい方法。
win.iniのwindowsセクションのdeviceから情報を取得するなんて書いてあったけれども、win.iniなんてWindows 10環境においては、ほとんど何にも書いていなかった。それでも実際に動かしたら、以下のような情報が取得できたのだった。
EPSON LP-S300,winspool,Ne04:
ドキュメントを読む限り、Win9x時代の遺物感があるが、互換性のために残された使える方法なのかもしれない。①から③の方法が使えない場合には使ってみよう。しかし、いつか使えなくなるかもしれないというリスクを負わなければならないだろう。

-ソフト開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

メイリオが他のフォントとくらべて小さく表示される件

左側がMS Pゴシックで、右側がメイリオ。 高さを同じ80pixcelで書いているのに、メイリオは3割型小さくなる。 メイリオの場合、GetTextMetricsで取得できるtmInternalLea …

no image

PDFの用紙サイズはポイントで表現されている

PDFの用紙サイズをiTexSharpで取得したら、mmでもinchでもない、 謎の数値が得られたので、調べてみたらポイントという単位だった。 ポイントとは、WordやEXCELで文字の大きさを指定す …

no image

zlibの研究結果

zip圧縮・解凍のフリーソフトであるzlibについていろいろと調べた結果。最新版の1.2.11を使ってzlibwapi.dllを作ることはできたが、それを実際に使ってみるとまともに動かなかった。圧縮は …

no image

MultiByte と WideChar

文字コードは、やっかいなもの。 以下の2つの関数は、知ってるようでよく知らなかったって話。 MultiByteToWideChar( ) WideCharToMultiByte( ) UNIコードの変 …

PDFアレコレVer1系は1.02で打ち止めとするにあたって最後の強化をした

iTextSharp7を組み込んでVer2にしようというプランに移行するにあたって、心残りだったところをVer1.02として強化しておいた。