CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

CAD全般

設計製造ソリューション展

投稿日:

毎年恒例の設計製造ソリューション展が東京ビッグサイトで開催されたので、見学してきました。過去最多360社が出展し、3つのホールをつなげられてました。外周をただ周るだけでも、20分くらいかかるくらい広かったです。製造業では、3次元CADが当たり前になりつつあります。どこのブースでも3次元CADがメインで、正直何をやっているのかよく分かりませんでした。3次元CADを使うようになったからと言って、2次元CADを使う必要なくなったわけではありません。それらは、両方必要でありその住み分けが必要なんです。でも、2次元CADは価格も安く、使っているものを使い続けているし、商売的には成り立たなくなっているのです。

大きなブースで注目を集めていたのは、SolidWorksとAutodeskでした。今、CADソフトで最も注目を集めている2大ソフトなので当然です。SolidWorksもAutodeskも、ほぼ同じ大きさのブースで競い合っているような感じでした。両方とも、メインステージ以外はサードパーティや販売会社にスペースを提供して、多様性を演出してました。私の会社もそれぞれに出展していて、その影響力を誇示していました。政治的な戦略を感じました。

私が最も注目したのは、IntelliJapan。AutoCADのコピー版廉価CADです。AutoCAD本体のバージョンアップに追随する形で、IntelliCADもバージョンアップしたようです。AutoCADのバージョンアップから遅れること約2年、なんとかしがみついている感じです。ブースは小さかったですが、そこそこの注目を集めてました。安いというのが、最も分かりやすい魅力です。アンチAutoCADの仲間として、今後も健闘してほしいCADです。

ゆりかもめから見えるお台場の観覧車。あたりまえですが、ゆっくりと動いてました。直径が100メートル、最高高度が115メートル、一周16分だそうです。一番上でプロポーズすると、そのカップルは幸せになるそうです。とくに紫色のに乗るとよいそうです。都市伝説でした。

-CAD全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

MiniCAD

昔よく聞いた名前のCADが、MiniCADです。 今では、VectorWorksという名前になってます。 「MiniCADで作ったDXFファイルが読めない!」 というトラブルがよくあったんです。 原因 …

no image

Teighaが何なのかを知りたければココを読め

Teighaとは?

no image

ZWCAD

今、ZWCADが熱い。 IntelliCADから生まれたAutoCAD互換の低価格CAD、 それがZWCADだ。 ZWというのは、どういう名前の由来があるのか 調べてみたが真相はわからなかった。 A~ …

no image

Autodesk University 2011

毎年恒例のAutodesk社のイベントに参加してきた。 今年は、Autodesk University JAPAN. 今年の記念品は、500円分のQUOカードだった。 ただでさえ無料のイベントにおいて …

no image

設計・製造ソリューション展、再び

去年も行った設計・製造ソリューション展に、今年も行ってきた。 去年の記事 会社を1時に出て飯食って、ビックサイトについたのが2時半くらい。 それから5時半まで見学したから、3時間か。自分にしてはよーく …