CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

エリア88(エリパチ)について語ってみよう

投稿日:

Facebookで岐阜かがみはら航空宇宙博物館に行って戦闘機を見てきたって記事を見かけて、そのコメントにエリア88が好きだったと書かれていて昔を思い出した。

少年ビッグコミックに1979年から1986年連載されていたそうだが、おいらはそれを見ていない。親戚のニイちゃんからいろんなマンガをもらった中の一冊で、その第一巻だけを何度も読んでいて続きが読みたくてしょうがない時期が続いた。中学生の頃。高校生になってバイト代を手にするようになって、徐々に買いそろえていった。銀色のコミック本23冊はおいらの部屋の本棚を長いこと飾っていた。大学のときエリパチ読みてーっていうヤツがいたから貸してやったんだけど、いい加減なヤツだったから部分的に返ってこなくて、歯抜け状態となったことと思いも弱まったことで全部捨てちまった。貸した本を返さないヤツはロクなもんじゃないなと今でもその恨みはおいらの記憶に焼き付いている。

新装刊の全13冊Kindle版が7,592円だって。。思い出を振り返るために7千円オーバーはないな。


軽くググったら去年2017年の6月末に半額セールをやっていたことがわかった。半額の3800円だったら余裕で大人買いする!

エリア88(エリパチ)の印象深いところを挙げてみよう。Wikipediaに目を通して、かなり思い出してきた。
・孤児院育ちのシンと神崎はパイロットを目指すライバル兼親友
・シンは社長令嬢のリョウコと婚約、パイロットの第一歩を踏み出そうとしていて順風満帆だった
・それを神崎がねたんで、シンをだまして傭兵部隊に送り込む
・シンは中東の国アスランの外人部隊エリア88に配属され、同僚が次々に戦死する厳しい状況を生き抜く
・契約期間が満了すれば日本に帰れるからと、日々厳しい戦闘で勝ち残りエースパイロットになる
・兵器業者のマッコイ、ベトナム帰りのアメリカ人ミッキー、デンマーク空軍出身の凄腕グレッグなど個性あふれる脇役達
・とりわけ重要なのはエリア88指揮官のサキ。アスラン王族で親兄弟との確執があり、その後ストーリーの重要なキーマンとなる

この続きが知りたければWikipediaで読んでくれたまえ。あらすじを読んでみてなおさらこのマンガが読みたくなってきた。さして戦闘機に興味はないが、トムキャットとかハリアーなんて機体については、このマンガで知ったようなもの。シンの主人公としての魅力あふれる生き方。悪役たる神崎の憎らしさ、恋人リョウコの美しさとけなげさ。最後、シンは神崎を倒してリョウコの元に帰ってくる。外人部隊に入った以降の記憶をすべて失っていたシンは、リョウコとともに幸せになれたのだろうか。。ゾワゾワしてきた。半額セールで大人買いしよーっと!

-本・映画・音楽

執筆者:


  1. よしき より:

    こんばんは!
    今、読み返していてジュリオラが悟を抱いている最後のページに見入ってしまいました。雲が。。。40年近く、心たぎる感じで読んでいたのに、初めて気づくとは!
    やはり奥が深いですね!

  2. com より:

    よしきさん。こんにちは。エリパチいいっすよねぇ。ジュリオラを背後から書いた空にある雲に何か気づきがあるんですか?凝視しましたがわからんでした。シンと涼子が乗った飛行機が飛んでいるってことくらいしか。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

水滸伝

北方謙三の全19巻に着手している。 今11巻を読み終えようとしているところ。 ちょっと中だるみしてきているが、何とか読み続けている。 吉川英治の新・水滸伝は読んだ。 作者死亡により未完で終わっているの …

no image

TSUTAYA DISCAS

レンタルビデオの進化を体感。 どうしても見たい過去に放送されたテレビドラマがあって、 ビデオ屋を数件訪れたが、案の定置いてなかった。 DVD BOX 18,000円を買うほどのこともない。 ネットで調 …

no image

楽園で読んだ本

プールサイドで本を読む。 これが当家にいにしえより伝わるバカンスの過ごし方なり。(うそ) ほんとの話、本はよく読んできた。 だいたい1日1冊ペースってとこかな。 ホテルに着いたら、ベッドのところに並べ …

マルちゃんにススめられて観た映画「ディセント」が我々の映画の価値観を変えた

2005年のイギリス映画なんで、13年も前に公開されている。妻の友人のマルちゃん(おいらは会ったことがない)がチョーオススメ作品だということでディセントを見たのはもう10年くらい前だっただろうか。

no image

屍鬼

屍鬼〈1〉 (新潮文庫) 作者: 小野 不由美 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2002/01 メディア: 文庫 文庫版全5巻を完読。 1巻につき約500ページなので、合計2500ページの大作。 …