CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

仕事

テレるを連発したあげくにギブアップと言い放つも最後にホワイトボードに数分書いたことが結論になる男の話

投稿日:2018年6月16日 更新日:

会社のコアな話を書いてみる。うちのMGRがどうしても打ち合わせをやれって根気よく言うもんだから、最後に折れておいらがその打ち合わせを切り出してやって、金曜夜19時10分から開始して21時半までの2時間超の時間を過ごした。ゲストは若手MGR2人で、同期のライバル関係にある人間。おいらより6~7歳若いくらいだから40代の前半。

テレるなんて言葉を仕事の場で使うのは初めて聞いたし、それを連発するし、それを誰も責めないし、その人間を印象付ける重要なキーワードであることを本人が意識していた。例えば。。あれそれの状況ではテルるから、これこれの状況を落としどころにしましょうよ。要するに、いい悪いを明確にせずに、はずかしいものは出さずにちゃんとしたものを出そうってことなのだろう。チョーあいまいなな表現でありながら、オリジナリティが高い言葉なので、だれも何も言えない。決め台詞につなげるためのマクラコトバ。こんなふうに書くと言葉遊びのように伝わってしまうが、日々の確固たる社畜働きと結果を残していて、人間に影響を与えていることがあってこそ。

うちのMGRは50代半ばおいらは40代後半だから、そんな若手のイケイケ社畜にはついていけない。おいらが企画しておいらがスピーカーだったのは最初の1時間程度で、残りはその若手MGR2名のおもしろくもなく延々と続く漫才を聞かされていたようなものだった。終盤に2人で合意したのはいいけど、その結果をおいらにホワイトボードに書けって指示を出してきやがって、一応書いてやったがさっぱり伝わらなかった。そりゃそうだ。わかってもいないことを書けるわけない。でも書けないなんてテレるようなことは言えないので、適当に書いてやったまで。本当のテレる男は、おいらが書いたホワイトボードの裏側に5分ほどの時間でサラサラと結果を書いて、全員の同意を得た。やれやれ。

テレる男は打ち合わせの途中で「オレにはわからんからギブアップかも。。」なんてことを言いつつも、もう1名の若手MGRがそれを適当な言葉で捕捉すると、がぜんやる気を出して場をまとめようとし出す。ダメ出しと自分の主張をしつつも、おいらの伝えたことの7割くらいは理解していやがった。なかなか理解力が高い。うちのMGRなら3割わかってくれればいいほうだw。若いイコール未熟ではなく、優れているんだということがよくわかる両名だった。CAD、Cプラ、レジストリなんて技術が生きない場所であることがわかったし、おいらだってそんなレトロなものには固執しないほうがいいってことがよくわかった、とても興味深い打ち合わせだった。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アホなプロジェクトでただひたすら流されて辿り着くのはどこなんだろう

会社をあげて取り組んでいるプロジェクトに片足をつっこんで、ひきずりまわされている影響で連日22時までの社畜生活を送っている。

no image

若者

若者と飲む機会があり、感じるものがあったという話。 ちょうど一回りくらい下の世代の3人と飲んだ。 おいらが仕事で苦しんでいる2か月ほど前に、飲みに誘われた。 うれしかったが、仕事で苦しんでいるだけあっ …

no image

仕事のストレス

最近、仕事が全般的にうまくいってないです。 並列的に走っている3つの事が、進捗おもわしくありません。 ストレスがたまってきていて、 うちに帰ってきて妻と飲んだくれるのが唯一の息抜きですかね。 寝る前に …

no image

できる男

できる男はひかえめだ。 理想のサラリーマンは妙に目立つ。 やる気マックスマンはテンション落ち気味だ。 身近にいる30代半ば男どもの実態。 44歳のおいらはどうだろうか。 目立たず、走らず、落ち込まず。 …

no image

漢字

漢字を「書く」ことはともかく、「読む」ことには自信があるはずだった。 手書きで文字を書くことが非常に少なくなったため、 漢字が書けないことは自覚していたが、読みも侮れないものだ。 今偶然出てきたフレー …