CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

正義

投稿日:

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

  • 作者: マイケル・サンデル
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/05/22
  • メディア: 単行本

現時点でもアマゾンのランキングが10位で、
この出版不況の中、50万部を超えて売れ続けている。
5人を助けるために1人を犠牲にしてもよいか。
具体的な例を挙げて、正義とは何かを考えさせる。
たいへん難しい本だった。
上記のような話はおもしろく読めたが、哲学的な専門用語が多用された
長い文章は、文字を追っていてもまったく頭に入ってこなかった。
読み返してみても結果は同じで、最後のほうは斜め読みで、
注釈ページが出てきたときはホッっとしたものだ。
(注釈ページは30ページ分もあった)
正義とは何か。
社会の常識、個人のモラル、倫理、感情、性格、時代、歴史。
生きていると、いろいろなことに影響を受けて行動している。
絶対的な価値観などないわけで、その都度考えなければならない。
考えるということは疲れる。
たまにはじっくり考えることも必要だが、基本あまり深く考えないで
その場を支配する大きな流れに乗っかっていく。
それがおいらの正義だ。
>5人を助けるために1人を犠牲にしてもよいか。
おいらなら、重い判断だと考えて思考停止し、
何も行動せずに5人が死ぬことになるだろう。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

はなだん

花より男子(だんご)。 本日、映画「花より男子ファイナル」が封切り。 昨晩10時に放送された特別編は、見させられた。 スミノフウォッカによる心地よい眠気を払いのけ、おっかけ再生された 1時間番組をなん …

no image

ホラー映画

ホラー映画好きな我々にマッチした本を読んだ。 妻が見つけてきた本だ。 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 作者: 荒木 飛呂彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2011/06/17 …

no image

蛙男

蛙男 (幻冬舎文庫) 作者: 清水 義範 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2002/04 メディア: 文庫 言いようのない怖い作品だ。 救いのないエンディング。 信じられないことが自分の身に起こ …

no image

日本一心

東京ドーム、アリーナ席のほぼ中央(C7ブロック)。 COMPLEX、21年ぶりの復活は、両サイドのステージに 上がっていく吉川、布袋の映像がオーロラビジョンに流れつつ、 会場の大歓声を浴びながら両者が …

no image

ヒマだったから映画を3本も観てしまった

以下3本、過去に見たことあるものばかり。退屈な一日を過ごすのに最適だった。