CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

東京新聞

投稿日:2012年12月28日 更新日:

ながいこと朝日新聞を読んできたが、ついに別れのときが来た。
朝日でなければいけない理由などまったくなくて、結婚して新居に
移ったときに最初に勧誘に来たのが朝日新聞であっただけだ。
それ以来だから17年にもなるのか...。
夕刊なんて読まないからやめちまえと思って、200円の割引を受けたのが一年半前。
その3,725円が割高に感じてきたので、もっと安い東京新聞に切り替えることにした。
朝夕刊セットが3,250円のところ、朝刊のみの金額を最寄の販売店に
聞いてみたら3,000円とのことだったが、隣りの販売店が朝刊のみを
2,550円でやっているから、そこまでは値引きしますとのこと。
ということは3725円との差額が1,175円となって、かなりお得になる。
年間で14,100円...、デカいな。
妻からは、新聞なんてやめちゃえばという冷めた意見が出ていた。
確かに、近頃は新聞を購読しない家が増えてきていて、若者世代は
新聞をとるということの意味がわからないだろう。
ネット版のサービスだって開始しているわけだが、今調べてみたら、
その料金がけっこう高いことがわかった。
日経は4,000円、朝日は3,800円、毎日と読売にはネット版の
単独サービスがない模様。
各新聞社としては、配達の契約にネット版を上乗せするという形で、
割安な料金提示をしているようだ。
やめちゃえばという意見には従えない。
なぜなら...、習慣をくずしたくないのと見栄。
新聞を読んでいることで得られる情報を失いたくないというのは建前で、
ホワイトカラーであるための一つの材料だから。
うまく言えないが、形にこだわっているのは確かだ。
ともあれ、年明けからは東京新聞を読むことになった。
東京新聞はとにかく東京のニュースが豊富な誌面、なんだって。
そう、東京に住んでいるんだから、東京をよく知らなきゃ!
ってことで。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

清水義範おすすめ3作品

久しぶりに清水義範本を読んだのが、定年後に夫婦仲良く暮らすコツだった。現在70歳で、ペースは落としながらも今なお現役の作家。本を読むのが遅いおいらだが、たった2日で読んでしまった。

no image

TSUTAYA DISCAS

レンタルビデオの進化を体感。 どうしても見たい過去に放送されたテレビドラマがあって、 ビデオ屋を数件訪れたが、案の定置いてなかった。 DVD BOX 18,000円を買うほどのこともない。 ネットで調 …

no image

楽園で読んだ本

プールサイドで本を読む。 これが当家にいにしえより伝わるバカンスの過ごし方なり。(うそ) ほんとの話、本はよく読んできた。 だいたい1日1冊ペースってとこかな。 ホテルに着いたら、ベッドのところに並べ …

no image

ゴースト

WOWOWに再加入した。 マイケルのゴーストを見るためだけと言っていい。 今ならeスタート割で、翌月末まで660円(通常2,415円)。 過去に加入していた人も対象になるのがよい。 ネットから申し込ん …

no image

SUPER8

日曜日の昼下がり、映画を観てきたのでレポートする。 スピルバーグのSUPER8。 つまらなかった、以上。 強いてポイントを挙げてみよう。 ・題名は、スーパー8mmカメラからきているらしい ・ダコタ・フ …