CAD日記

AutoCAD,DXF,DWG,SXFなどCADのことから、仮想通貨や投資関係、PC関係、プログラミング、国内海外旅行情報など何でもござれ。@caddiary

本・映画・音楽

東京新聞

投稿日:2012年12月28日 更新日:

ながいこと朝日新聞を読んできたが、ついに別れのときが来た。
朝日でなければいけない理由などまったくなくて、結婚して新居に
移ったときに最初に勧誘に来たのが朝日新聞であっただけだ。
それ以来だから17年にもなるのか...。
夕刊なんて読まないからやめちまえと思って、200円の割引を受けたのが一年半前。
その3,725円が割高に感じてきたので、もっと安い東京新聞に切り替えることにした。
朝夕刊セットが3,250円のところ、朝刊のみの金額を最寄の販売店に
聞いてみたら3,000円とのことだったが、隣りの販売店が朝刊のみを
2,550円でやっているから、そこまでは値引きしますとのこと。
ということは3725円との差額が1,175円となって、かなりお得になる。
年間で14,100円...、デカいな。
妻からは、新聞なんてやめちゃえばという冷めた意見が出ていた。
確かに、近頃は新聞を購読しない家が増えてきていて、若者世代は
新聞をとるということの意味がわからないだろう。
ネット版のサービスだって開始しているわけだが、今調べてみたら、
その料金がけっこう高いことがわかった。
日経は4,000円、朝日は3,800円、毎日と読売にはネット版の
単独サービスがない模様。
各新聞社としては、配達の契約にネット版を上乗せするという形で、
割安な料金提示をしているようだ。
やめちゃえばという意見には従えない。
なぜなら...、習慣をくずしたくないのと見栄。
新聞を読んでいることで得られる情報を失いたくないというのは建前で、
ホワイトカラーであるための一つの材料だから。
うまく言えないが、形にこだわっているのは確かだ。
ともあれ、年明けからは東京新聞を読むことになった。
東京新聞はとにかく東京のニュースが豊富な誌面、なんだって。
そう、東京に住んでいるんだから、東京をよく知らなきゃ!
ってことで。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

あなたの隣に誰かいる

あなたの隣に誰かいる ディレクターズカット DVD-BOX 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント 発売日: 2004/05/21 メディア: DVD 2003年、フジテレビで放映された連 …

no image

猿の惑星ジェネシス

よくできた話だった。 なぜ猿が文明を持つに至ったかを、現代的な話でよく説明してくれた。 感動物でもあるし、地味にみえてスゴイ特撮だったと思う。 SUPER8で痛い目にあい、しばらく映画はみなくてよいと …

no image

猫伝

DS文学全集にて「我輩は猫である」を完読。 通勤の電車内で、ベッドの中で寝る前に。 液晶パネルを見すぎて目が弱ってくるのもかまわず、 夢中になって読み続けた。 たいへん興味深く読ませてもらった。 読後 …

no image

アイ・アム・レジェンドが名作すぎて観るのが5回目だった話

NetflixとHuluに加入してかれこれ1か月。妻の趣味であいのりとテラスハウスを見るために加入したわけだが、Netflixは映画が盛りだくさんで、新作ももちろんあるなか過去の名作もあることがわかっ …

no image

とげまる

自分でCDを買うなんて、過去に数回しかないわけだが、 今回10年以上ぶりに買ったのが、スピッツのとげまる。 スピッツとしては13枚目のアルバム。 12枚目のさざなみCDは、ここ最近のおいらのヘビロテだ …