CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

ソフト開発

扱えるテキストファイルの最大行数は1億行

投稿日:

扱えるテキストファイルの行数の限界が1億行なのが秀丸エディター。その他⇒動作環境⇒環境にて、編集可能な最大行数が10万行~1億行で設定できる(32bitの場合は1000万行まで)。1億行のテキストファイルなんてそうそう目の当たりにしないけど、AutoCADの中間ファイル形式であるDXFなら十分ありえる。

以下、線分(LINE)を書く本数による行数とファイルサイズを表現してみる。
1万本、28.7万行、1.9MB
10万本、281万行、19MB
100万本、2800万行、188MB
200万本、5600万行、372MB
300万本、8400万行、556MB
このあたりが秀丸で開ける限界。
計算上は、線分357万本で1億行のテキストファイルになる。
DXFファイルは行数が多くなる特徴がある。グループコードとグループ名の2行がセットで、それがひたすら続いていく。実際に転記してみるとこんな感じ。こんなテキストファイルをテキストエディタで見たところで、閲覧性が低くてお話にならんけど、昔はこうやって内容確認して解釈しようとしていたもんだな。
0
SECTION
2
HEADER
9
$ACADVER
1
AC1014
9
$ACADMAINTVER
70
9
9
$DWGCODEPAGE
3
ANSI_932
9
・・・

秀丸エディタのえらいところは、とてもサイズが大きいファイルを開こうとした際、「ファイルの一部を開く」というダイアログが出てきて、読み込む範囲を指定できること。2.7GBのテキストファイルを開こうとしたら、こんな画面が出てきた。どの部分を読み込むかを決めることができる。もちろん全部読み込むこともできる。ファイルサイズが500MBを超えると出る傾向はつかんだ。

3年前に書いた「テキストファイルの最大行数」という記事が妙にアクセス数をかせいでいるので、その続編を書いてみた次第。

-ソフト開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

WinMegeのフィルタについて今すぐ知りたいならココを読め

WinMergeでフォルダやファイルを比較して差分を把握することは、プログラムに関わっていれば日常あること。効率よく比較したいならフィルタを使うべし。

no image

WinMergeのフィルタ

【2018/11/24追記】 この書きっぷりではあまりにもわかりずらいので、整理して追加情報を加えて新たな記事とした。 WinMegeのフィルタについて今すぐ知りたいならココを読め プログラマにとって …

no image

CADツール第2弾

 PMツールに続いてのCADツール第2弾を思いつきました。今まで、いくつかの企画があり、手をつけたものもあるのですが、いまいち乗り気にならなくてポシャってました。シリーズものとして継続したいところなの …

no image

random

JavaScriptと格闘してみたよ。 テーマはランダム。 10個の画像の中から、任意の3個の画像をWebサイトに表示する、 ってのが要求仕様。 Math.floor(Math.random() * …

no image

テキストファイルの最大行数

【2018/12/24追記】以下の記事も参考になるかな。 扱えるテキストファイルの最大行数は1億行 バカでかいテキストファイルを作る必要があって、結果約2GBにもなった。 CADから出力するんだけど、 …