CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

旅行(国内)

山口は下関でおもにふぐを食うための旅にかかった費用

投稿日:

もうずいぶんと前の話で2019年11月17~18日に、山口は下関でおもにふぐを食うための旅した際に要した費用を明らかにしておく。合計55,580円なり。

内訳は以下の通り。
羽田⇔山口宇部空港の往復はマイル利用なのでタダ。
宿泊はプラザホテル下関というホテルで、2名1泊8800円。下関駅および唐戸市場の中間点にあるためか激安。取り立てて不都合もなく、コスパのいいよいホテルに泊まれてよかった。
主目的であるふぐは、春帆楼茶寮という下関駅前のビルに入っているやや格の落ちる店。春帆楼本店が最上位でその半分くらいの金で済む。ふく会席が1人8800円でビールとワイン含めて21,560円なり。まーリーズナブルなほうでしょ。
水族が好きなので水族館行った。しものせき水族館「海響館」。セブンで割引チケット買って2名で3,800円。
移動はレンタカーで、マーチを30時間ほど借りてガソリン代込みで14,000円程度。
山口行ったら瓦そばを食わなければいけないので、川棚温泉の元祖瓦そば「たかせ」で2人前2420円。
おみやげ代が5,000円。

ふぐは高いやね。子供の頃はふぐなる食材にまるで興味なかったし、今だってそれほどうまいものとは思っていない。しかし、その希少性と高級感に大人どもは魅力を感じているのだ。うまいものの代名詞といってもよい。林真理子氏が言っている。ふぐは高ければ高いほどうまいと。ホントかよ?って感じもするが、今後もっと豊かになったならそういう高いふぐを食ってみたいとは思っている。今日はふぐの日。割安なとらふぐ亭で持ち帰りふぐセットを予約しているので、楽しい晩餐になりそうだ。

-旅行(国内)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

土肥

土肥は思い深いところだ。 今回伊豆に行こうってなって、最終的にチョイスしたのは土肥だった。 過去に何度も行っていたので、新たに行くべき観光地は残されて いなかったため、やっぱ何度も行っている金山に行っ …

no image

仙台日帰り観光&出張の総決算

有給とって仕事もしてくるという荒業をやってきた。場所は仙台。東京駅からの距離が351.8kmもあるもんだから、そう簡単には行けないところとみんな勘違いしているが、新幹線でたったの1.5時間で着く。

no image

能登と金沢を訪ねた思い出深い旅の総決算

日本の東地区で生まれ育った我々にとって西方面というのはよく知らんわけで、国内を旅行しようとなったらおのずと西に目が行く。山口、四国、広島には行った。次は能登と金沢、つまり石川県を訪ねようと決めていた。 …

関東7名城の3つ目「川越城」をクリアしてきた記録

「関東7名城の2つ目と3つ目をクリアしてきた」と去年の10月においらが言っているが、3つ目の川越城は休館日だったために外から眺めただけだった。そのリベンジということで、本日の川越ショートトリップとあい …

年末の温泉に泊まってかかった費用を正確に算出

単純に宿泊費だけなら夫婦2人で8万円ちょい。これだけでも高いと思うけど、他にあれやこれやを入れたらいくらになったという記録。交通費は、東京から仙台と仙台から大曲の新幹線代。14万円を超えたか。。やっぱ …