CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

旅行(国内)

長崎探訪記2日目

投稿日:2022年11月8日 更新日:

1日目の続きを書いておこう。

泊まったホテルがThe Global View長崎であることは前回書いた。BWプレミアホテルだったのが今年の2月に名前を変えてリニューアルオープンしたとのこと。国内24カ所でホテルを展開するリオ・ホテルズグループの傘下に入った。元々は長崎プリンスホテルだったとのことで、今回2回目の系列変更。今回の買収は長引くコロナ禍に耐えられなかったということで、今は買いどきと判断したリオ・グループの判断は正しいように思える。

1日目はレンタカー&徒歩で済ませたが、2日目はそうはいかない。市内中心部を走る路面電車をガッツリ使った。1回乗車で140円。専用路線を走るため渋滞知らず。都電というものが東京にあって数回乗ったことがある程度で、あんまり身近なものではなかったためか、地方都市で路面電車を見ると異質なものに見える。乗る側にとっては便利この上ないが、車を運転していると恐怖でしかない。ようは、慣れなんだろうけどね。

宝待ちから大浦天主堂に行くためには路面電車で1回乗り換えなければならないところ、2回乗り換えてしまって無駄な金を使ってしまった。青と赤と緑の3つの路線があることが今ならわかる。ともあれ、緑ラインの大浦天主堂までたどり着き、そこを見学。拝観料1,000円。

フランシスコザビエルによって日本に伝えられたキリスト教。度重なる禁教令によって迫害されてきた歴史。西洋文化の華々しさとは裏腹の厳しさ。隠れキリシタン、踏み絵、島原の乱、日本二十六聖人の殉教。。宗教がよりどころになるという感覚は現代日本に住むおいらにとってはピンとこない。しかし、世界における宗教の位置づけを考えると他人事ながら理解はできる。神を信じるかどうかということでは、おいらはゆるく信じているほうなのかもしれない。

すぐ近くにあるグラバー園を見学。入場券620円。旧グラバー亭、旧リンガー亭、旧オルト亭。。西洋の金持ち実業家が住んでいた高台にある立派な邸宅。

動く歩道で最上部までのぼってから、ゆっくりとあるいて降りていきながら見学する形が好ましい。グラバー氏は日本人と結婚して息子ができた。倉場富三郎。ハーフのグラバー二世。明らかに西洋風の顔をした日本人。父親が経営するグラバー商会は幕末の混乱によって倒産。息子はリンガー商会に入社して成功するが、終戦直後に自ら命を絶つ。ハーフであることでスパイ容疑をかけられたことが屈辱だったし、長崎に原爆が落とされたことで故郷が壊滅したことが追い打ちになった。リンガーといえば、長崎ちゃんぽんリンガーハット。ハットは小屋とか小さな家という意味で、リンガーの小さな家となる。リンガー亭の大邸宅と対比したものなのだろう。

近くにオランダ坂があったが足腰が弱い軟弱な我々は坂下から上を眺めた程度で終わり。中華街でちゃんぽんという考えもなくはなかったが、少しうろついた程度で終了。3大中華街(横浜、神戸、長崎)のなかで、長崎は一番小さいとのこと。ホテルのチェックアウトの時間12時が近づいてきたので、路面電車にのってホテルがある宝町まで戻ってチェックアウト。

車はホテルの駐車場に止めたままとして、再び路面電車に乗って出島まできた。入場料520円。

当時はまさに出島で、海に面して1本の橋でつながっていた。今は埋め立てが進んで、周囲に水路があって境目はわかるが陸続きになっている。鎖国時代に唯一世界とつながっていたところ。200年ほどで鎖国が終わって出島の役割は終わったが、当時はこのあたりが一番ナウでおしゃれなところだったのだろう。

出島ワーフの長崎港という店で昼飯。海鮮が安くてうまかった。長崎の名物料理って、ちゃんぽんとカステラくらいしか思いつかないが、こういった海産物が安く食えるってこともあるのだろう。

少し時間があまったので、車で波佐見町まで行った。波佐見焼で有名なところ。ごはん茶碗と中皿を2セットずつ買って6,600円。大き目の水玉模様が大いに気に入った。皿というのは好みがあるし、こうやって現地で気に入って買ったものは思い入れも強くなって、いい買い物をしたねと妻とともに喜んだのだった。

最後は空港ラウンジでいただいたビールとつまみ(ごぼう天)。2時間弱のフライトを控えていたので夕飯を食わずに家まで帰ってきて、22時くらいに家についてコンビニで買ったサンドイッチなどを食って寝た。いい旅だった。

-旅行(国内)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

日光

みざる、いわざる、きかざる。 はげましざる。 屋根にいた龍。 眠り猫。 以上、日光東照宮にいた印象的な動物たちである。 たいして意味はない。 日光に行ってきた。 片道180キロの道のりと、東照宮の20 …

no image

帰省

妻の実家に行ってきた。 土日で一泊二日と、慌しい日程だ。 新幹線で片道3時間半の道のり。 これは、東京駅を出発直後の風景。 車窓からは、まだ雪が残っているのがうかがえる。 盛岡あたりだったと思う。 ふ …

no image

ISO

 国際標準化機構のことではありません。一宮にある某ホテルのことです。社内でしか通用しない言葉です。同類としては、IJKとかBLOなんてのもあります。  明日泊まりに行きます。うちの会社の直営ホテルなの …

no image

昨日思いつきで名古屋に行った費用を集計してみた

朝起きて今日はどっか行こうとになって、さてどこだろうと考えた末に 名古屋に行くことになったのは、我ながら奇抜な考え方だった。 ちょいと品川に出てのぞみに乗ればいいんだろって考えたのは 当たっていて、我 …

no image

石川県を旅して思うこと

能登に降り立ち金沢を経由して小松から帰るというプラン。主な目的は、NHK朝ドラのまれの舞台をめぐることと、日本海の海鮮ものを食らうこと。金沢は名の知れた観光地なので、特に触れる必要はない。 能登半島は …