CAD日記

主にAutoCADのことについて書いているけど、近頃は投資系ネタに注力している。自動売買、仮想通貨、PC関係、プログラミングなど。@caddiary

本・映画・音楽

バガボンド

投稿日:

英語で放浪者のことをバガボンドという。
妻が知人から借りてきたマンガ。
全30巻を読んだ。
まだ続いているので、全てを読み切ったわけではない。
よくある勘違いで、当初バカボンドと読んでいた。
天才バカボンとフレーズが酷似しているから、
うっかり、”カ”の点々を見落としてしまうわけですな。
調査の結果、バカボンの名前の由来は
放浪者(vagabond)であることが判明。
研究レポート風 「天才バカボン」における”バカボン”の由来
バカボンの名前の由来なんて、今まで考えたこともなかったけど、
奥深い考え方があるのね。
原作である吉川英治の宮本武蔵は、10年くらい前に読んでいる。
バガボンドを読んでいて、どうも違和感を感じていた。
原作を変えていて、独自のアレンジをしているとのこと。
小次郎がろうあ者だったり、武蔵の姉が出ていなかったり、
吉岡清十郎がやけに弱かったり...。
こんなはずじゃないのに、という欲求不満がたまった。
スラムダンクのキャラクターとかぶってしまうのは、おいらだけだろうか。
桜木花道と宮本武蔵、安西先生と沢庵和尚、赤木晴子とお通。
ということで原作の全8巻を引っ張り出して読み始めた。
ただいま2巻を読み終えようとしているところだ。
やっぱ、原作のほうがおもしろい。
通勤の友としてかばんの中に常駐している。
この本のおかげで、通勤時間が短く感じ、また仕事上の
余計なことを考えないで済むのは幸いなことだ。

-本・映画・音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ホラー映画

ホラー映画好きな我々にマッチした本を読んだ。 妻が見つけてきた本だ。 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) 作者: 荒木 飛呂彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2011/06/17 …

no image

エリア88(エリパチ)について語ってみよう

Facebookで岐阜かがみはら航空宇宙博物館に行って戦闘機を見てきたって記事を見かけて、そのコメントにエリア88が好きだったと書かれていて昔を思い出した。

no image

岩波少年文庫

我が妻特選の10冊。 (宮崎駿が選んだ50冊はこちら。) きっかけは、今話題の「借りぐらしのアリエッティ」だった。 こ、こ、これは...、「床下の小人たち」に違いない。 少女の頃に読んだあの名作。 な …

no image

SUPER8

日曜日の昼下がり、映画を観てきたのでレポートする。 スピルバーグのSUPER8。 つまらなかった、以上。 強いてポイントを挙げてみよう。 ・題名は、スーパー8mmカメラからきているらしい ・ダコタ・フ …

no image

最近読んだマンガなど紹介(やっとamazonアソシエイトを始めたから)

最近valuを買うことで知った「あんちゃ」という女子がおすすめしていた不純な恋愛小説の中にあって、まだ読んだことなかったのがイニシエーション・ラブ。最後のどんでん返しがスゲェってことはわかっていて、し …