年明けに風邪ひいてこの1週間はキビしかった

年末年始の妻の実家の秋田でのごちそう三昧、酒をたらふく飲み、昼寝し放題のだらけた生活を経て、1日出社した後に今度はおいらの実家の足立で焼き肉ガッツリ食いつつワインをしこたま飲んだせいで風邪を引いた模様。 続きを読む 年明けに風邪ひいてこの1週間はキビしかった

錦糸町で和菓子屋の主人とその妻と飲んだイタリアンは思い出深い

そこそこしっかりしたイタリアンでワインを3本あけるとは思わなかった。ベースとして飲める人間が3人集まって話題が盛り上がればこんなものなんだろうと今振り返って感じてはいる。ITリテラシーは低いが、おいらへの影響力は高かった。組織と強いものへの反抗心、伝えたいことの執着心が強かった。そして何より酒が強かった。 続きを読む 錦糸町で和菓子屋の主人とその妻と飲んだイタリアンは思い出深い

昨日人間ドックを受けてその晩の宴で久しぶりの酒がうまかった

18日間のつらく厳しい禁酒期間を経て昨日人間ドックを受けてきたので、その晩はしこたま酒を飲んだ。パン&チーズが主役で、肉・魚・野菜で彩を付けた感じ。 続きを読む 昨日人間ドックを受けてその晩の宴で久しぶりの酒がうまかった

禁酒&ダイエットの日も今日が最後で達成感がスゲー

今日はめずらしく21時半まで残業なんてしてしまって、自宅に着いたのが22時。てっきり人間ドックは明日の朝からだと思っていたが、午後からだということに気付いて、今晩は普通にメシを食った。 続きを読む 禁酒&ダイエットの日も今日が最後で達成感がスゲー

37.8万円のインプラント治療がようやく終わった

去年の10月から通い始めてだから、約10か月の期間を経てようやくインプラント治療が終わった。奥歯がない期間はそのうちの5か月間で、最初のうちは不便だったがじきに慣れて、なきゃないで問題なんじゃねぇかと思った時期もあるが、歯が入ったことでとても快適な日々を過ごせている。
山の手デンタルオフィス田町三田にて37.8万円の支払いで済んだので、安く仕上げられた。5年ほど前にインプラントしたときは50万円だったので、年々価格は下がって来ているのだろう。ドクターは推定30代半ばくらいで若く、ややうさんくさい感もありながら、しっかり説明してくれるし腕はよさそうなので、まぁいい感じということにしておく。

歯はホント大事だ。おいらは歯について日々のケアをしっかりする方なのだが、いかんせん歯が丈夫じゃない体質らしい。今回奥歯の1本をインプラントにしたわけで、残り3本についてもしっかりケアしていかないといかんな。時間の問題ではあるだろうが、その時期を少しでもうしろにずらしていくべく、歯を大切にしていく。うまいものを自分の歯で食い続けていくために!

飲み会幹事必須のサイトはやっぱ「ぐるなび」なんだろうな

飲み会幹事歴が長いおいらにとって、やっぱ役に立つのはぐるなびなのだった。


↑ここを踏んでぐるなび会員になろうぜ、みんな。
1000ポイントもらえるってことだし、おいらにもメリットがあるし。。
アフィリエイトってこうやってやるわけだ。
だんだんとわかってきたぞ!

USB充電式のライター

USB充電式のライターがあることを知って急いで買ってみた。送料込みで1930円だった。
BLOOMoon USB充電式 電子ライター
IMG_1134.jpg
おいらは100円ライター以外を使ったことがない。ZIPPOが流行ったときだってそんな面倒なものを使うことはなかったし、高級ライターを使うようなシャレた人間でもない。100円ライターの難点は、ガス切れで使えなくなることだ。当たりはずれがあって、ダメなやつはあっという間にガス切れになるし、いいやつはけっこう長く使い続けられる。ワンカートン買っておまけでもらうやつは総じて外れが多いし、残りのガスの量がわからないタイプが多くて困る。一番困るのは、捨てにくいってこと。少しガスが残っているのをそのまま捨てるのは気が引けるので使い切りたいわけだが、そんないつガス切れになるかわからんものを外に持っていって、吸いたいときに吸えないのは困る。
ってことで、USBで充電できるものを買ってみた次第だ。1週間ほど使ってみての感想。熱を持つところがタバコ1本の断面を一回り大きくしたくらいなので、そこにタバコを命中させることが難しい。中央にはまらないと火が半分くらいしかつかないので、最初の一服がまずい。それから、うっかりタバコを押し付けたままスライド部を戻して、タバコがはさまれちまうなんてことが3回くらいあったか。このへんは慣れだろうから、よーく使い込んでみようと思う。

タバコ NEWDAYS 金曜 4%引き View SUICA

タバコを安く買う方法を研究した結果、金曜日にNEWDAYSでView SUICAカードで買うと4%引きで買えることがわかったので、昨日早速実践してみた。メビウス1カートンで4400円に対して4%の176円引きなので、4224円で買えたってことになる。我が家では週に1カートンくらい消費するので、週に176円得することとなり、1年間だと176×52=9152円得することになる。うむむ、バカにならない金額だ。
メビウス1カートン
どんな仕掛けなのか。NEWDAYSというJRのコンビニ的なショップはSUICA利用で0.5%のポイントバックがあるところ、金曜は5倍ポイントデイなので2.5%のポイントが得られる(SUICAポイントクラブの登録必要)。また、Viewカードのオートチャージは1.5%のポイントが得られる(Viewサンクスポイント)。よって合計4%がポイントとして蓄積されるのだ。つまり、View SUICAカードを持っていることが必要条件というわけだ。
老後のことが心配だなぁと最近強く思い始めて、節約して老後の資金をためるにはどうしたらよいかの第一弾としてタバコを安く買う方法でググってみたのだ。そもそもタバコは体に悪いんだから、やめりゃいいという考えが頭をよぎるも、過去30年間の習慣をそうそうやめられるわけもなく、やめたことによるストレスだってあるだろうし、幸い今のところ健康体でもあるのだからということで、ずっとタバコを吸い続けていくつもりだ。
個人輸入でもっと劇的に安くタバコが買えるという情報がネットにはあったが、法律的にグレーな領域かつ関税がかかると逆に高くなるようなことが書かれていた。今度そのあたりをしっかり調べて、白黒はっきりつけてみることにする。

インプラント2本目のオペを終えて

結局37.8万円払ってインプラントを入れることにして、今さっきオペを終えて帰ってきたところだ。ガリガリと骨をけずって芯(インプラント)を入れただけなので、現時点では上物(歯)があるわけではない。
2015年12月頃に痛み出したわけだから、1年と2か月にわたる戦いにようやくケリがついたってことだ。ぐらつきだして痛みが出て、保険が効く治療ではどうにもならなくて、レーザー治療なんてちょいと怪しい方法で10万ほど払ってやはりダメで、結局抜歯&インプラントてことになったのだ。37.8万は大金ではあるけれども、以前やったときが50万だったのにくらべればずいぶんと安いもんだとすら感じる。その1本目のときはずいぶん考えて、しかもオペでは後で筋肉痛になるくらいの痛み(痛みへの恐怖)があったが、今回はちゃらっとできちゃったという感じ。歯医者滞在時間がたった30分だったというのも驚異的だ。
抜歯したときには、インプラントを入れられるかどうか微妙ですねぇなんてことを言われていた。歯を支える骨の量がちょっと足りないかもしれないって。抜歯時に根っこのところに悪い歯肉があったらしく、そいつらを全部取り除いて、その後ぐちゃぐちゃっとまぜこぜにして出血を促していた。これによりどれだけ正常な骨ができるかが、その後インプラント可否判断をすると。
抜歯後4か月経過した今日歯茎を開いてみた結果、予想よりだいぶ状態がよいことがわかり、実際に軸を入れてみた結果としてまったくぐらつかず骨がしっかり育っていたのだった。よかったよ。
歯がない期間が4か月あったわけだが、最初の1か月くらいは食事に苦労する感じではやくインプラントをいれなければとあせっていた。ところがその後はどんどん慣れていって、別に奥歯の一本くらいなくてもダイジョブって感じになった。大きく空いていた穴は埋まるし、歯がなくたってかめないわけじゃないから。インプラントしなくてもいいかなぁなんて気持ちが頭をよぎったが、長い目でみれば問題が多い。そこに歯がないことで、その上やとなりの歯が悪くなるに違いないし、ないよりはあったほうがいいに決まっている。正常な歯がそこにあったときの記憶が今はなくなっているが、インプラント入れればガシガシとかみ砕く感じで食事ができる喜びに浸れるだろうと。
上物を入れる予定時期は3か月後。まだちょっと先だけど、楽しみだなぁ。
以下、ちょいと前に買った電動歯ブラシ。1万円くらいする高級なもの。ジェットウォッシャーと電動歯ブラシを駆使して、歯の健康を保ち、ずっと自分の歯でうまい食事をしていきたいものだ。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プロフェッショナルケア 3000 3モードタイプ D205353N

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プロフェッショナルケア 3000 3モードタイプ D205353N

  • 出版社/メーカー: BRAUN(ブラウン)
  • メディア: ホーム&キッチン

抜歯その後

歯のことばかり考えているので、また書いてみる。奥の左下の歯を抜いてから2週間が経過した。いつもかむ側の歯のなので、食生活でも不便を感じている。でも、まったくかめないというわけではなく、そして痛みもないのでちょっと気になるという程度だ。抜いた後の状態としては、しばらく血が出ていたものの徐々にふさがってきたので、近頃ではガシガシと歯ブラシを当ててみている感じ。
グラついた歯周病の歯がなくなったのは、ホントよかったと思っている。結果としては約1年間そんな悪い状態を続けていたわけだけど、もっと早く抜くべきだった。隣の歯や口の中全体のためには悪かったはず。奥歯が1本なくなることで日常の不便を過度に考えすぎていたわけだが、意外になんてことなかったのだ。
3~4か月経過したら、インプラントを装着ができるかが判明する。それまでにどれだけ歯の骨が復活するかにかかている。骨造成みたいな施術もするらしい。35万円かかる。奥歯1本がそんな金額で復活するならば安いものなので、喜んで払う。10年ほど前に永久歯が生えなかったところにインプラント入れたときは50万くらいかかったので、割安だなぁとすら思っている。家の近くに最近できた歯医者で、まぁまぁ信頼できそうなところなので、まかせてみよう。土日もやっている歯医者ってけっこう少ないんだよね。
歯があった場所を舌で触ってみるくせが止まらない。まだ穴がふさがってないなぁという感じがわかる。はやくそこにしっかりとした歯を装着して、固いものをガシガシとかんでみたいものだ。歯は大切だよ。

抜歯

さっき歯を抜いてきた。奥の左下。最初、麻酔が効かずに激痛が走ったため、2度の追加麻酔をしてようやく耐えられる痛みになった。抜いた歯自体には問題がなかったようだが、歯茎に問題があったとのこと。腫れた歯肉がぐちゃっとたくさんあって、それを除去したとのこと。ガリガリと削られた感じは気持ち悪かった。歯医者いわく、想定していたよりも悪いので、これからインプラントをするにしても、3~4か月待たないといけない。そのあいだにどれだけ骨が育つかがカギだと。
麻酔が切れたらさぞかし痛いだろうと思っていたが、あれから4時間経過後の今特に痛みはない。痛み止めのロキソニンが効いているのだろう。この後3日間くらい痛みが続くらしいので、痛み止めに頼ってしのぐことにしよう。
年内にケリをつけたいという思いがあったが、かなわなくなった。しかし、グラついていて若干の痛みを伴っていた問題の歯がなくなったことで、なんだかすっきりした気持ちでもある。歯周病に侵された部位であっても、その原因の歯がなくなれば、これから徐々に改善していくことだろうから。歯骨が戻ってきてくれればいいけれども。
少し前までトライしていたレーザー殺菌については金と時間の無駄だった。7か月間で12.5万円かけてみた結果として、何も得るものはなかったわけだから。いや、右下奥の歯はダメだったけれども、口の中全体に対して実施したレーザー殺菌で他の部分に対しては効果があって、歯周病の予防にはなったのかもしれない。。と思っておくことにする。
今晩は酒を飲むなと言われた。たばこもダメらしいが、iQosなら大丈夫だろうと勝手に判断してさっき1本吸ってみた。日々の激務から解放された週末に、酒が飲めないってのはつらく悲しいものだ。とは言っても、歯のためなんだから仕方ない。酒を飲まない夜は長いんだよなぁ。

免税たばこの値段

年に一度のバリ島旅行も数えること8回目。デンパサールの新しい空港ができて3年くらい経って、ようやく施設がそろってきた感がある。ソフトオープンの期間が長かったのだ。これまではラウンジに入れないなんてことがよくあったが、新しいラウンジが完成して今年はゆったり時を過ごせた。ショップも充実したように思う。
喫煙者の我々にとって、免税たばこを買うことは必須要件。日本ではどこでも見かけるMEVIUS 3mmが売り切れってことで買えなかったのだが、やっぱ免税の恩恵は大きいので最大限に買ってきたのだった。全部ニコチン7mgだったと思う。
KENT SILVER NEO 28.5ドル
MARLBORO GOLD 29ドル
MEVIS SKY BLUE 26.5ドル
合計84ドルで、1ドル105円だとすると8820円。日本で税込みで買えば13200円だから、4380円の節約なり。なお、日本で買ったMEVIS EXTRA RIGHTは2800円で2カートン買ったから、1600円×2=3200円の節約。合わせて、7580円得したってことだ。

高熱と悪夢からの解放

久しぶりに熱を出して会社を休んだという話。39度の高熱が2日続いて3日目に熱が下がったから会社に出て、たまっていた仕事を遂行するために夜遅くまで働いて帰ってきたら熱がぶり返して、その夜の苦しみは高熱が続いた2日間をしのぐものとなった。眠れぬ夜を過ごしたけれども、明け方から少し寝たおかげで何とか持ち直したものの微熱があったので本調子ではなくて、昼から夕方まで寝たらすっきりして、健康体であることの喜びを今かみしめている。
一連の出来事を時系列で振り返ってみよう。
3連休最終日の月曜日、横浜に繰り出してショッピングと食事を楽しんだ。ついでに大桟橋に行ってみようということになり、炎天下の中テクテクと歩いて行った。行きはそんなに距離がなかったことから問題なかったが、帰りが大変だった。関内駅までの20数分を猛暑の中ひたすら歩いたことで、汗ダラダラになり、後で気が付いたのだが首回りにやけどのような日焼けをしていたのだ。これが後の高熱につながるなんて、そのときにわかるわけがないのだった。タクシー乗ってサクっと駅まで行くべきだったと今さらながら思うが後の祭りだ。
翌火曜日は出社日で、日常通りの朝をむかえて普通に勤務を始めた。普段と違ったのは、昼飯にいつも行かない中華料理屋でニラレバ定食を食ったくらい。油で揚げたようなレバーに辟易して、数切れのレバーを残した。このニラレバが高熱の原因になったとは思わないが、この時点で体の弱りが顕在化して、食欲を減退させていたのだろう。夜7時くらいだったか、妙に体が熱くそしてだるくなってきた。こりゃあ熱が出たなとわかるくらいだったので、9時に仕事を切り上げてタクシーで帰宅した。週初めは禁酒デーと決まっていたが、酒を飲みたいという気はぜんぜん起こらずにメシ食ってそうそうに寝ようとしたのだが、すでにこの時点で高熱が出ていたのだろう。眠れず、寝ようとしても悪夢ばかりみて、暑くて寒い感じの苦しい夜を過ごした。
水曜日。明らかに熱があるのはわかっていたので、病院行ってから出社するつもりでいつもよりも長くベッドにとどまった。体はだるいものの、大事な会議がある日だったので、午後から出社する気持ちが強かった。出社支度を整えて近所の内科に行って体温を測ってみたら39度だった。その瞬間、出社することを断念した。事前に考えていたのは、38度程度だったら大丈夫だろうってことで、それを大幅に上回る体温だったのだ。家でゆっくりできるという安心感もあったが、会社を休むことでその後の仕事が厳しくなること、高熱なんだからゆっくりなんかできないという現実も頭をよぎった。その日の昼飯やら水分補給用のドリンクを買って帰宅した。夏のくそ熱い中、布団をかけて汗をかいて、着替えてを繰り返して、午後から夕方まではよく眠れたと思う。しかし、この昼間の睡眠が、夜の眠れない状況をつくってしまったのだった。寝ようとしても眠れないというのは苦しい。うつらうつらしていると、何やら仕事のことを考えているのだが、ことごとくうまくいかない状況かつ現実的でない思考となる。悪夢ってやつだ。
木曜日。朝体温測ったら38.7度。少し下がったけど、しょせん少しなので、2日目の欠勤を決断。寝て、汗かいて、着替えての繰り返し。こんなときでも食欲が減退しないのがおいらの特徴で、メシ食うことだけが楽しみだった。おかゆ、うどんという体調不良時の定番メシを食いすぎない程度に食って1日を過ごした。昼間はあまり寝なかったので、夜によく眠れて、翌日の復調につながったのだろう。
金曜日。3日連続の欠勤は絶対まずいという気持ちがある中、朝体温計に出た数字は36.8度。平熱よりも若干高かったが、迷わず出勤。夏にしては涼しい日だったのに、おいらは汗がよく出ていた。体温調整機能がうまく働いていなかったのだ。欠勤2日のあいだにたまっていた仕事がガシガシとやっつけて、気づけば夜10時になっていた。ちょっとだるくなっていた。病み明けに長時間労働したことは後悔していないが、それにしても働きすぎたと思う。ヘロヘロになって帰宅した。週末の解放感もあり酒を飲んでみたがうまくないし、また熱が上がってきたので寝ることにした。思えば、この夜がいちばんつらかった。悪夢は見るし、眠れないし、せきのしすぎで腹筋痛くなるし、暑いし、寒いし。いてもたってもいられなくなって、寝室を出て別の部屋でぶらぶらしたりした。夏カゼってやつはホントにつらいと思った。
土曜日。5時くらいから眠ることができて、9時に起きたらかなりすっきりしていた。火曜にもらった薬がなくなっていたので、一応内科にもう一度行って、薬をもらってきた。昼飯は近所のうどん屋で、うまいうどんを食った。帰ってきたら眠くなったので、昼から夕方までじっくりと眠れた。夜はいつもの調子で、酒を飲み10時には眠りにつこうとしたが、昼寝のせいで眠れなかった。
そんなわけで今こんなブログを書いているのだ。今12時40分。せきもだいぶ治まってきたし、明日の日曜日は普通に過ごせることだろう。ここ5年くらい熱を出して会社を休むなんてことなかったのだが、いやはや苦しいものだった。インフルエンザになったのが5年くらい前だったかな。こういう苦しみがあるから、その後の日常生活に喜びを感じられるってものだと思う。健康な体ってのは重要だ。そろそろ寝ようっと。

やっぱ奥歯がダメだったらしい

奥歯が痛くてグラついてきたので、ダメもとでレーザー治療を受けたのが2月。約10万円の投資をして5カ月経ったわけだが、やっぱダメな状況になってきた。たかだか10万円程度の投資で歯が治るわけがなかったのだ。とはいえ、約5カ月の延命ができたので全く無駄だったわけではないと思って、自分をなぐさめている。
痛みはそんなにないんだけれども、そこでかむとやわらかな痛みがあり、楽しい食事にならない。ここ数日は口の中に味がしていて、気持ち悪い。おそらく患部からうみが出ているのだろう。ってことは口臭だってけっこう強くなっているのではないか。。自分ではわからないが、歯周病の口臭ってやつとんでもなく迷惑なことをわかっていて、そんな元凶に自分がなっていると思うと恐ろしい。口臭恐怖症って感じか。
抜いてインプラント。最低でも3カ月くらいの時間がかかり約50万円の出費となる。気持ちとしては70%くらいまで上がってきた。1週間くらい様子をみて状況変わらなかったら、自宅近くでよさげな歯医者を探して受診してみる。ボーナスも出たことだし、金をガッツりと使うのは、社会のためにもおいらのためにもよいことだ。歯には人一倍注意してきたつもりだけれども、生まれ持った能力が低かったということであきらめよう。歯には金をかけてもいいんだよ、ね。そして、たばこはやめない、よ。

iQOSの罠にハマったが何とか使いこなせるようになった件

iQOS(アイコス)を買って使いこなせるようになるまで、ずいぶんかかってしまった。ここでは、iQOSの3つ罠について語ってみよう。
1.高値買い
定価9980円とやや高価の商品なわけだけれども、これをほぼ定価で買ってしまった。割引があるという事前情報は得ていたものの、ふいに買おうと思ったので、何の調査もせずにセブンに行ってしまったのだ。ナナコを持っていればそこで3000円の割引を受けられたところ、そんなの持ってねぇので定価で購入。その後、ネットで登録してなんじゃかんじゃやって、1600円の割引を郵便為替で送る手続きをした。郵便為替って。。。現金化するのに郵便局行かなきゃって、ちょうメンドーだなぁ。事前にネットで情報を得て手続きしていれば、店頭で4600円の割引が受けられたってのに。5360円で買えたところを、8380円+郵便局行かなきゃいかん手間ってこととなったのだ。これから買おうという人は注意してほしい。
2.ホルダーをチャージャーに差す(抜く)のがたいへん?
ホルダーはたばこを吸うときに使うもので、チャージャーはホルダーを充電するときに使う。充電しようと思って、ホルダーをチャージャーに差しこうもうとすると、固くて固くてギュッギュッとやらなければならない。そして、充電されない。抜くときはもっと大変で、相当な力が必要。何のことはない、ホルダーの向きが間違っていただけで正しい向きでやれば、すんなりと抜き差しできたし、正しく充電することができた。ということに気づくのに30分の時間を要してしまった。あやうく、不良品をつかまされたと思ってセブンに交換に行ってしまうところだった。ちゃんとマニュアルは読まなきゃいけないなと痛感した。
3.ぜんぜん吸えない?
買って最初の一服は問題なくできたが、2本目を吸おうと思って、スティック(たばこの葉がはいっているやつ)を差し替えようとしたら、奥まで入らない。無理やり押し込んで電源を入れてみるもぜんぜん吸えない。なんじゃこりゃあって思って、数日放置していた。結果わかったのは、ホルダー内に前のたばこの葉が残っていて、そこに新しいたばこを押し込んでいたので、熱が伝わらずに吸えなかったということ。スティックを取り出す際は、ホルダーのスライド部をスライドさせてから抜き取れって書いてあった。スライドさせずにスティックを抜き取ると、たばこの葉がホルダー内に残る。最初の一服をしたときに、スティック内に葉がぜんぜん残っていなかったので、あーこんなにきれいになくなるんだなって関心した覚えがある。アホな話で、やっぱちゃんとマニュアル読めってことだ。
この記事を書くにあたり、チャージャー、ホルダー、スティックという3つの必要な機器の名前が頭に入った。たばこという超アナログなものが、今デジタル化したってわけだ。火を使わない、煙が出ない、においが少ないという特徴もある。飲み会で吸うのに最適かもしれない。時代が変わろうとしている。おいらも変わらねば!

たばこ値上げがひっそりと行われていた

たばこが値上げされることに気づいたのが、値上げタイミングの10日くらい前。
10カートン買って、節約できたのはたった1000円だった。
たばこ買いだめ
430円が440円になるってことで、対象は日本たばこのメビウスとその他いくつかだけ。
1個10円くらいなんだから買いだめ効果は低いと思った中、値上げ前にコンビニなんかに
行くと1~2カートン程度しか買えず、かといって街にたばこ屋はないし。。
なんとか10カートン買って、もういいやと思って値上げ日の4/1をむかえた。
たばこやめるなんて今は考えられない。
いずれはやめなきゃいかんとも思うが、そんな日はやってきてほしくない。

サイゼ飲み再び

先週末は会社の同僚4名で会社近くのサイゼリアで飲んでみた。
マグナム2本でも良かったんだけれども、いろんなワインを
飲みたいってことだったので、ボトル4本を空けた。
そこにやっすい料理をしこたま頼んで、合計1.1万円だったから
一人3000円弱と超リーズナブルに仕上がった。
やっぱサイゼ飲みはいいなぁと実感した夜だった。
安いワインとはいえ、心と体は充実しのだった。

歯周病レーザー治療を受けてきた

奥歯が歯周病で、もはやダメなんだろうということを、これまでここに書いてきた。近所の歯医者は、時間の問題で抜くしかないと言っていたし、ここ2カ月くらいの保険が効く治療では、奥歯がよくなる気配はなかった。最初の痛みは引いてきたけれども、痛い側の歯でかむとちょっとした痛みがして、仕方なく逆側の歯でかむしかなく、楽しい食事ができていなかったのだ。2週間前に、保険が効かないレーザー治療を行っている歯医者に行っていた。写真撮って歯周ポケットの深さを測って、1万800円は高かったが、それも当然で保険が効かないレーザー治療をするための布石にすぎないのだ。
昨日、実際にレーザー治療を受けてきた。1.5時間の治療で32,400円は、決して高くはなかったと思っている。レーザーによる治療というのは、実際は15分くらいだったかな。歯の表面、歯と歯茎のあいだ、歯茎そのものに、レーザーを当てただけ。いやなにおいがすると言われたが、それほどのにおいでもなく、ちょっと焦げた感じのにおいがしただけ。簡単に言うと、熱を与えて菌を殺しているのだろう。その後、歯周ポケットを掃除するということで、1時間くらいの苦しい時間が続いた。奥歯は麻酔かけていたが痛みは結構あって、歯周ポケットをグリグリとほじくられて、その直後は奥歯がじんじんと痛んでいた。もらっていた痛み止めを飲んだら、痛みはなくなった。
今1日が経過して、奥歯がすこぶる調子がよい。この3カ月くらい痛みがあった奥歯を使っても問題なくて、なんか劇的に改善したような気がしている。まだ昨日の今日だから油断はできないが、かなりよい手ごたえを得ている。来週もう一回レーザー治療(32,400円)をして、口の中全体の治療が完了する。合計75,600円の治療が来週で終わるのだ。インプラントで40万円かけるのに比べたらなんと安いことか。まだ結果が出たわけではないので、何とも言えないところだが、ホントいい感じがしている。春くらいになったら、その後の状況をここでレポートしてみよう。